人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「にほんのコーヒー」

»

同僚の経験。

タリーズで並んでいたら、目の前の外国人男性が


にほんのコーヒー、ください!


とオーダーしていたそうだ。

「ん?にほんのこーひー?」と後ろにいた同僚は疑問に思い、もちろん、カウンターの中の店員さんも顔に「????」が浮かんでいた。


日本のコーヒーをください!

と男性は再度言い、頭上のボードを指さしたらしい。


店員さんからは、見えない位置にあるため、カウンターからぐいっと身を乗り出し、見上げる。


「あぁ、本日のコーヒーですね?」(にこっ)

「え?あ、本日のコーヒーです」


タリーズにもし、「日本のコーヒー」があったら、外国からやってきた方にはとても興味がわくメニューだろう。

たとえば、私が、オーストラリアに旅行して、カフェのメニューに「オーストラリアのコーヒー」「ブラジルのコーヒー」と書いてあったら、迷わず「オーストラリアのコーヒー」を頼んでみる。

「日本のコーヒー」

「本日のコーヒー」

外国人男性の気持ちわかるわー。

==================

コーヒーにまつわる本たちを。全部読んだことありますが、

松田さんの本は、わくわくしたものでした。

起業に至るまでのあれこれが書いてあって、志とか思いっていいな、と感じた本。

永井さんの本は、もう永井さんワールドで、勉強になります。

小説もほっこり系。

       

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する