「しごと」をもっと楽しくしたい!

できるだけ、尖がらないように

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

ネット社会では、「尖がったほうがいい」と言われます。「エッジの効いた」みたいな言葉もありますよね。ネット社会だけではなく、一般的にもそうかな。

過激な発言をする。誰かや何かを批判する。ところかまわずかみつく。時には炎上するかもしれないけれども、それらは、良くも悪くも飯の種。

ネット社会で活躍するには、「目立ってナンボ」なんだと。だから、尖がっていたほうがいいんだと。そういう方法も、確かに一理あるかもしれません。というより、ボクもひと昔前、そんな時代があったような気がします。

でも、今はやりません。というか、好きではありません。むしろ、できるだけ尖がらないように、尖がらないようにしています。

なぜ、尖がらないようにしているのだろう?批判されるのがイヤだから?もちろん、意図して、批判されに行こうとは思わないし、「たたかれるのが快感」みたいな趣味もありません。でも、耐性は、まぁまぁあるほうだと思います。20年以上ネットの中にいるので、これまでも、なんどか失敗したことがありますしね。

尖がらないようにしているのは、そういう「恐れ」ではありません。それよりもむしろ「同じ価値観の人とつながりたい」みたいなところが、あるのかな。

ボクは、「類は友を呼ぶ」と思っています。誰かや何かを批判すれば、そのような人たちが集まるし、そうではない行動をすれば、そういう人たちが集まる......ボクは、後者を望んでいます。

あと、「おらおら~」と尖がり続けるのは......疲れてしまうのも、あるかな。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する