「しごと」をもっと楽しくしたい!

やってナンボ

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

本、勉強会、セミナー・・・。

いろんな「学ぶ機会」があるけれど、
最も大切なことは、
「それに関わって、どんな習慣ができたか」
ということだと思っている。

学んだだけでは意味がない。
使ってこそ意味がある。
つまり、「やってナンボ」だ。

とはいえ、そうでないものもある。
たとえば、学校の勉強がそうだ。

以前小学校の娘に、
「方程式なんて普段使わないのに、
 なんで勉強しなきゃいけないの?」
と言われたことがある。

そのときは「地頭力をつけるためだ」と説明した。
学生のときは、それが大事だ。

だけど、大人になったら、
知識は使ってこそ、意味があるように思う。

と、口で言うのは簡単だが、
これがことのほか難しい。

ボクは2006年にNLPを勉強した。
NLPを生かす前提に、
「現実の体験の内容を変えるよりも、
 現実を体験するプロセスを変化させる能力のほうが、
 価値あることが多いのです。」
というものがある。

言い換えれば、
「ネガティブに思えることがあっても、
 自分にとって価値ある意味に捉えられるように
 変化できる能力が大事だ」
という意味だ。

実際、どんな出来事にも、
出来事そのものには何の意味もない。
「どう解釈したか」次第だ。

以前のボクは、この前提を、
頭の中では、理解していたつもりだったが、
実践が伴っていなかった。
言動が一致していなかった。

たとえば、ブログがそうだ。
「イラッ!」とすることがあると、
以前は、それをストレートに表現した。

「イラッ!」とすること自体は、別に悪いことではない
けれども、それをそのまま表現していたのでは、
実践しているとは言えない。

なぜなら、自分の中で
「価値ある意味」に置き換えられていないからだ。

今は、どうかなぁ。
少しは、マシになったかなぁ。

もちろん、「イラッ!」とすることは今もある。
(特に身内には(笑))
けれども、少なくともブログには、
肯定的に言い換えて表現するようにしている。
それは習慣になってきたかな?とは思う。

点数をつけるとしたら......70点ぐらいかなぁ。

~~

習慣化はやっぱりコツコツ、コツコツなんですかね。
大変だけど。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する