元アナウンサーとして、マスコミ業界の裏側を伝えます。洋楽番組を担当したので非常に洋楽にも詳しいので、そのあたりもバッサリ斬ります。イギリス留学経験の楽しい話も!

大江麻理子アナと夏目三久アナが人気がある共通点とは?

»

こんにちは、元局アナの山森貴司です。

タイトルにあるように、今回は、テレビ東京の看板アナである大江麻理子アナウンサーと元日本テレビのフリーアナウンサー夏目三久さんがなぜ人気があるのか、メディア的視点から語ってみたいと思います。

 

「局内受けしないと番組では使われない」

私のアナウンサー経験で言いますと、人気があるアナウンサーは至って局内での評判も良いものです。

アナウンサーは入社して、プロデューサーやディレクターに「使ってみたい」と思われないと、番組を任せたいとは思われません。

局アナは、所詮「社内タレント」。使っても経費が掛からない。いかに細かい仕事でも嫌な顔せずに一所懸命やっていれば、必ず誰かは見ていてくれるもの。

私も、一つ一つの仕事を丁寧にやったおかげで局アナになれたといっても過言ではありません。

小さい仕事、例えばなんでしょう?

それは、深夜番組のナレーションの仕事や、地方局だとCM読みというのもあります。

顔が出ないので、顔を売りたいアナウンサーにとっては、正直うまみが少ない。

それでも嫌な顔一つしないで、「ありがとうございます」とお礼を言い、心から感謝をしながら仕事をするのです。

サラリーマンやOLでも、気が進まない仕事ほど丁寧にありがたいと思って、やった方がいいという話はありますよね。

そうしていると、必ずその態度を見ていてくれる人はいます。

そこで必ず大きな番組、つまりゴールデンタイムの人気番組の司会や、プロ野球のレポーターや実況の仕事をいただけるのです。

 

想像ですが、大江さんと夏目さんは局内受けが非常に良かったのだと思います。

 

「できません」と言わない

そうしてようやく頂いた仕事の中でも、「できません」などとは決して言ってはいけません。

とにかく笑顔で仕事をこなし、ADさんや技術の方にも気を遣って、道具の片づけも率先してやるのです。

「~アナは感じがいいね」と思ってもらえれば、後は仕事が自然についてきます。

 

行動としては、局アナは上記のことは皆やっています。しかし、売れっ子とそうでないアナウンサーとの違いはなんでしょう?

慇懃無礼という言葉があります。いやいややっていると態度に出てしまうものです。おそらく大江さんと夏目さんは画面見たままの嫌みのなさですべての仕事を引き受けていたのだと思います。

 

「夏目アナ」はなぜ下ネタスキャンダルから復活できたのか?

数年前、夏目三久アナが、避妊具を手にしてニッコリしている写真が流出し、結局日本テレビを辞めました。

これは、脇が甘いと言われても仕方がありません。アナウンサーはある意味公人ですから、そういったスキャンダルは言語道断です。

では、なぜ復活できたのか。それは、彼女が復活するきっかけになった「有吉・マツコの怒り新党」を見てわかりました。

 

「下ネタを笑って流すふてぶてしさも必要」

彼女は、スキャンダル後であったにもかかわらず、以前の清純キャラクターを通しました。その度胸に、プロデューサーたちは、ある種の尊敬の念を抱いたに違いありません。

だからこそ、今のレギュラー番組があるのです。

大江アナにしても、彼女の人気を決定的にした「モヤモヤさまーず2」でいくら三村マサカズに下ネタでいじられても全く動じることはありませんでした。

 

「フリーアナウンサーとしての夏目アナの魅力」

いざ日本テレビをやめ、フリーになった夏目さんですが、不安がかなりあったに違いありません。フリーアナウンサーは番組契約、そう、タレントと同じなのです。

テレビでも「なんで大して面白くないのにこのタレントは出ているのだろう」と思ったことはありませんか?そういうタレントは総じてスタッフの受けがいい。生意気なタレントはすぐに消えていきます。その点夏目さんは慇懃無礼でなく、きちんとした対応をどんなスタッフにも行っているのでしょう。

もともと彼女は美人。それで感じが良いのですから、ディレクターやその上のプロデューサーも注目するのです。スキャンダルで名前は売れているので、バラエティでは使いやすかったのもあるでしょう。そこでも彼女は自分の「立ち位置」を崩さなかった。

それで視聴者の評判も良かった。その結果が今の売れっ子ぶりです。

 

「NY転勤をプラスにとらえた大江アナ」

女性アナウンサー人気アンケートでテレビ東京として初の一位になった直後の去年の4月に大江アナはニューヨークに転勤になりました。

もしかすると、帰国したらワールドビジネスサテライトの司会が約束されていたのかもしれません。しかし、女子アナ人気ランキング一位になったばかりの転勤で、正直不安もあったと思います。視聴者が忘れるのはあっという間なのです。人気商売のアナウンサーにとっては一年は大きい。

しかし、彼女はワールドビジネスサテライトの番組内で、きちんと自分をアピールすることを忘れませんでした。彼女の持っている行動力で、取材レポートをまめにしていた印象があります。結果的にニューヨークは一年で、今は小谷さんの後を引き継いで司会になりました。いま番組でもよく取材に出ていますよね。

 

局アナとフリーアナの違いがあるとはいえ、かたやテレビ東京のエース、そしてフリーアナウンサーの売れっ子の二人。今が大事な時期なのは同じです。頑張ってほしいです。

また、上記の「すべての仕事を感謝の思いで引き受ける」とか「慇懃無礼にならない」というのはすべてのサラリーマン、OLの皆さんに当てはまるではないでしょうか?

局アナが正社員とするならば、フリーアナは個人事業主。二人の行動を参考にしてみてくださいね。

 

次回こそ「フリーアナウンサーはつらいよ」のテーマでお送りします!

Comment(1)

コメント

藤巻庸夫

大江麻理子さんがただしいのでは?

コメントを投稿する