人間関係、コミュニケーション、モチベーション、ハラスメント、メンタルヘルス、リーダーシップ、マネジメント、リラクセーションなどの情報を投稿します

従属的な人、支配的な人、誠実で対等な人 ──コミュニケーションの3つのタイプ

»

衝突したときにどのように振る舞うか

開発現場では様々なメンバーと一緒に仕事をするのだが、皆がいい関係であるとはかぎらない。多くのメンバーとは利害が反する関係にあり、たびたび意見が衝突する。誰が面倒な問題を担当するか、設計書の書式や記載ルールはどうあるべきか、どの機能を優先して作成するべきかなど。

衝突が起きたとき、人によって振る舞いはさまざまだ。自分の意見を引っ込めて相手の言いなりになってしまう人。自分の意見を強く主張して相手の意見を受け入れない人。声を荒げて相手を威嚇する人。感情的になって怒鳴る人。相手の意見に耳を傾ける人。根気よく交渉し続ける人など。

たいてい、衝突が起きたときの結末はパターン化されていて、同じ状況であれば同じ振る舞いをし、そして同じような結論に導かれてしまう。例えば、作業の分担で衝突する場面を考えてみよう。いつも言いたいことを言えずに引き受けてしまう人がいたり、いつも攻撃的な口調で相手に作業を押しつける人がいたり、いつも感情的になってまわりに不快感を与える人がいたり、いつも対等な条件でwin-winの合意できる人がいたり、同じ場面でも人によって結果はバラバラなのだ。

3つのタイプ(非主張的・攻撃的・自他尊重的)

衝突したときにどのように振る舞うかは、人によって異なるようだ。アメリカの心理学者ウォルピによると、自己表現のしかたや人との関わり方には3つのタイプがある。3つのタイプとは

  • ノンアサーティブ(非主張的)
  • アグレッシブ(攻撃的)
  • アサーティブ(自他尊重的)

である。タイプ別の振る舞いは以下の通り。

ノンアサーティブ(非主張的) ・遠まわしな表現をする
・自分で決定をしない
・自分に自信が持てない
・誰かがやるのを待っている
・相手の言いなりになる
アグレッシブ(攻撃的) ・攻撃的な表現をする
・尊大・横柄な態度をとる
・相手を支配・操作する
・自分の正当性を過剰に主張する
・相手を見下す態度をする
アサーティブ(自他尊重的) ・考えや気持ちを素直に表現する(率直)
・相手への配慮をする(誠実)
・自分で決定し結果に責任を持つ(自己責任)
・よい部分を見ようとする(ポジティブ)
・相手と対等な姿勢でいる(対等)

相手と接する時、自分も相手もアサーティブであれば、建設的な対話ができ、ストレスのない関わり方ができる。しかし、自分と相手のどちらかがノンアサーティブだったりアグレッシブだったりすると、衝突したり対立したり不快な感情になってしまう。まずは自分自身がどのタイプであるか、下記のチェックリストを使って調べてみよう。

3つのタイプチェック

下記の質問のうち、自分に当てはまると思う項目をチェックしてください。

●ノンアサーティブ度
頼みごとをするとき、「~をしてください」とはっきり言えない。
決めるとき、自分から「~にしよう」と提案できない。
自分と相手の意見が対立したとき、自分の意見を引っ込めてしまう。
誰も手を付けていない作業があっても、自分からは手を付けない。
相手から無理な依頼をされても、引き受けてしまうことが多い。

●アグレッシブ度
ミスを指摘されても、非を認めず、逆に相手のあら探しをしてしまう。
相手と意見が対立すると、声を荒げてしまう。
自分の思い通りに人を動かそうと策を講ずることが多い。
自分だけがうまくいったとき、ことさら手柄をアピールする。
ミスや失敗した人のことを見下してしまう。

●アサーティブ度
頼みごとをするとき、「~してください」とはっきり言える。
意見が対立したとき、自分の意見を押しつけず、相手の意見にも耳を傾ける。
人の意見に流されず、自分の意見を持って行動できる。
いつでも、誰が相手でも、前向きに関わることができる。
自分より年齢や経験が下の人にも敬意を払っている。

ノンアサーティブ度
アグレッシブ度
アサーティブ度

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する