世界を変える革命的なWebサービスを日本から生み出すためのブログ

1晩600万円で国ごと貸し出すベンチャー

»

3年ぶりくらいに日本に戻ってきた伊地知です。今回は11年ぶりに長い滞在になりますので、1人でも沢山の方々にお会いできれば嬉しく思っています。今日は、2008年にサンフランシスコで創業されたAirbnb!彼らのサービスはユニークな場所を貸す事です。例えば、サイト上では、ユーザーが使っていない部屋やスペースの情報を掲載し、低価格で自分の部屋等を貸し出すような事をしています。旅行に行った時にホテルに泊まるよりも安く、自分の好みにあった環境に滞在する事ができるというのが魅力です。これ自体はそこまで目ん玉が飛び出るようなサービスでもないのですが、このサイトにはもっと凄いスペースの貸し出しが掲載されています。オーストリアにある村の貸し出しやスイスのスキーリゾートそのものの貸し出し、そして今回話題になっているのがこちらのポスト↓

Kuni

ヨーロッパにある人口3.3万人程の小さな国(リヒテンシュタイン)そのものを一晩7万ドル(約600万円程)で貸し出そうという話。歓迎のセレモニー等もつき、国にあるリゾートや施設は使いたい放題。ちょっとした王様気分を味わえるという事でしょうか。気をつけたいのは、ミニマムが2晩からのブッキングになっている所。つまり、最低1200万円程がないとブッキングできないので、要注意!って誰がブッキングするんでしょうね。
それにしても、いちベンチャーがやる事にしてはやはりスケールが大きいなと感じました。

Comment(4)

コメント

これは面白いサービスですね。
インド人のお金持ちが、娘の結婚式のためにベルサイユ宮殿を数日借り切った話を聞きましたが、いっそ国ごと一週間借りる人が出てくるかも知れませんね。

Fufuhu

まさに『アパートの鍵貸します』ですね。

たしかリヒテンシュタインは一時期は金融でかなり潤っていたと思うのですが、リーマンショックで苦しくなったんでしょうかね。

さすが、立憲君主国家はやるときゃ大胆ですね。

佐川さん

コメント有り難う御座います!ベルサイユ宮殿ですか(笑)そうですね、あり得ますよね〜。。

Fufuhuさん

コメント有り難う御座います!いや、本当に大胆ですね。見習わないとと思っています。

コメントを投稿する