ソーシャルゲームを中心としたアプリ市場、たまに海外のITトレンドを発信するブログ

2013年は、Cocos2d-xが飛躍する年に① -まずはUnityについて

»
今回は、ゲームフレームワークについて取り上げます。

iPhone/Android向けにゲームアプリを開発する場合、
「フレームワークの選択」が重要な意思決定となります。
iPhone/Androidへの対応の場合、選択肢は2つに絞られると思います。

それはUnityとCocos2dのアップデート版であるCocos2d-xです。

今回はUnityに関して。次回はCocos2d-Xに関して。
それぞれの特徴をご紹介、比較します。

 
■Unityの場合
----------------------------------------------

Unity公式の情報(下記引用)

Apple は Unity で作られた 17 のアプリを「ベスト オブ」アワードに選びました。
その中には、 Game of the Year の iPad 部門を獲得した『The Room』も含まれています。



53.1% Unity
39.8% 自社エンジン
17.7% Cocos2D
15.3% Marmalade
5.3% using Corona
*『Game Developer Magazine』誌の調査。
*複数回答。2012年のデータなので、やや古い。

また日本の大手ソーシャルゲーム会社でも、積極採用が増えています。



[体制・対策]
Unity技術者が集中しているKuma the Bear開発部とオンラインアプリ開発を
担っている部署とで「社内共同ブートキャンプ」を実施。
上記施策により、一気にUnity技術者の拡大を図ります
ブートキャンプ実施期間中は、新作アプリの投入に若干の遅れが
予想されますが、今期業績に与える影響は軽微です
来期以降においても圧倒的強さを維持するための施策となります


今まで、各OSごとにスクラッチ開発し、多プラットフォーム移植に時間と
コストがかかっていたが、Unity導入により多プラットフォームへ効率的に展開


■まとめ
iOS/Android向けのゲームフレームワークで「最も一般的」「最も使われているもの」
という視点では、Unityが名実共に圧倒的と言ってよいと思います。


※その一方でCocos2dxはと言うと。。。

ところで、その一方で2013年は「Cocos2d-x飛躍の年」に間違いなくなると言われています。
相対的なシェアでも、Cocos2dXがぐっと伸び、Unity差を縮めるはずです。
ちなみにポッピンでも、cocos2d-xを一押ししています。

・cocos2d-Xにとって飛躍の年となる理由
・どういう会社がUnityではなくcocos2dxを積極的に利用すべきか

の2点については、次回記事で取り上げます。


★この記事にご興味頂けた方、Facebookの「いいね」Twitterでの拡散、
 Bookmarkボタンを押して頂けると光栄です。
 この記事の上部で、ワンクリックで可能です。
--------------------------------------------------------------------------
★ポッピンでは人材募集中です- ソーシャルゲーム/ネイティブアプリ開発エンジニア歓迎
詳しくはこちら
--------------------------------------------------------------------------
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する