組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

授業

»

去年まで教えていた生徒が、職員室にいる自分に話しかけてくれた

「先生、もう一度授業してください」「先生の授業、もう一度受けたい。お願いします」

もう、授業をすることもなくなった自分にとって、最高に辛く嬉しい言葉。

こんなことを言ってもらえる教師は本当に幸せ。素晴らしい生徒たちに出会えたことに感謝。

今は授業できないけど、いつかまた授業をしたい

Comment(2)

コメント

坂本

そんなこと言われたいです。

熊谷 修司

そう言ってくれた生徒は、授業でいろいろなことを感じて学んでくれたんだと思います。授業の場に自分の居場所があって、自分が生徒からも教師からも認められて、自分を認めることができたのでしょう。自分が大事にされる空間。そういうのが大切なのでしょうね。大人も子供も。この生徒と出会って、今の学校に来て本当に良かったと思います。坂本先生も、きっとそういう空間を作ることができますよ。

コメントを投稿する