組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

ほめっせーじ

»

学校では月に2回ほど「対人関係力」を向上させるための「コーピングリレーション」という授業がある

カウンセラーが来校し、朝から夜まで1日に3度も授業をしてくれる

その中の一つ、「相手のいいところを見つけて、褒めるメッセージを伝えよう」という授業では生徒から教員とカウンセラーさんにほめっせーじがおくられた。

カウンセラーさんに「ありがとうございます」と言いながらほめっせーじを渡す生徒達。なかなか手のかかる生徒たちの素直な言葉に、カウンセラーさんがジーンとしていた

自分にもほめっせーじが届いた

「いつもクラスのために頑張ってくれてる」

クラスという枠・概念のない高校で「クラス」という言葉が出てきたのに驚き、感激した

生徒たちがそう感じてくれたのが、本当にうれしい

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する