組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

チームを創る

»

「最高のチームを創る」というタイトルは、高校女子バスケットボールの名指導者・山崎純男先生の著書「チームを創る」をリスペクトしています。山崎先生こそ何度も全国制覇し「最高のチーム」を創った方です。

山崎先生というすごい指導者がいる。その山崎先生が書いた「チームを創る」という本は、バスケットの世界ではバイブルになっているような本でした。

その本の存在を偶然に知り、書店を探し回りましたが既に絶版。どうしても読みたい私は、山崎先生に「先生の本を読みたいのですが、どうしたら手に入れることができますか」と手紙を書いた。

驚いたことに山崎先生からすぐに電話がかかってきた。驚いたのと恐縮したのとで、正座しながら電話で話していた。「今 本はないが原稿があるので、データを添付ファイルで送ります」と。「本物」の人物はレスポンスがこんなにも早いものかと驚いた。おそらく、手紙が着いたその日に連絡をくれたに違いない。自分はバスケットとは違う世界にいる人間だが、「チームを創りたい」「勉強したい」という思いが伝わったのだろう。先生は、この本と一緒に「大野慎子物語」も読むといい、とアドバイスしてくれた。その本も早速読んだ。

後日、本を送ってくださった。それは1000部しか出版されていない貴重な本。その一冊を、見ず知らずの自分に送ってくれた。本当にありがたい。

本には「自分の愚かさに気付いた時成長の第一歩が始まる」と言葉が添えてあった。

IMG_2951.JPGIMG_2953.JPG

何度も読み返し、自分の愚かさと向き合っています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する