組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

学級通信〜書くこと4

»

「僕にも夢がある」は夢の一つだった「翻訳の仕事」をするまでの道のりを書いたものだった

外国の絵本をみて「こんな素敵な世界があるのか」と思い、翻訳の勉強に4年 今まで訳されていない洋書をネットでさがし「これ」という本をみつけて、それを個人輸入 訳を完成させるのに1年 訳と履歴書を出版社に送る。

「ぜひこの本を世に送り出したい」という熱い思いを書いた手紙を添えた。

すぐに編集長さんから「会いに行きます」と連絡をいただいた。驚くばかりだった。本来ならこちらから伺うべきところなのに、わざわざ来てくださった。

会ってお話をする中で翻訳の連載が決まった。タイトルは『大リーグのコンディショニング』(「ベースボールクリニック」ベースボールマガジン社)

「僕にも夢がある」はその話だった。

白い紙に書いた「翻訳家になる」という目標はこうして叶えられた。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する