組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

学級通信〜書くこと3

»

学級通信を配布した翌朝 学校にクラスのお父さんから電話が来た

「先生、読んで感動しました。すごくいい話で、感動して先生に気持ちを伝えたくて。いつもありがとうございます」「会社の朝礼で、先生のこの話、させてもらっていいですか?」という電話だった。

本当に驚いた。学級通信を読んで感動して、その思いを伝えるために電話までしてくれる。「いつもありがとう」と感謝まで。そんなお父さんがいることに感激した。こちらこそ、感謝だった。

熱いリアクション。お父さんは50歳前後だったはず。家庭訪問した時に、リビングの壁に貼ってくれていた家庭だった。

「こんな話ですが、会社でしていただければ自分も嬉しいです」とお答えした。

「僕にも夢がある」という内容の通信だった。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する