組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

実習生がやってきた・・・1

»

先週から教育実習に10人の学生が来ている。

彼らは、自分が学年主任のときの生徒たち。高校生のころの面影を残しながら、少し大人びてやってきた。

初日、職員の前で挨拶する彼らを見ていて胸が熱くなった。が、心配の方が大きく、昼に全員を会議室に集めて思いを語った。

「1時に開始」と言ったのに、全員が集まったのは1時2分。

「ふざけるな」から話は始まった。

「生徒に、『時間を守りなさい』という立場の人間が、時間を守れなくてどうする」

「生徒に呼ばれたら「はい」と返事をしなさい」など。

とにかく、ロールモデルになって欲しいということ。教える技術は要らないから、熱い気持ちで一生懸命に授業をしてほしい。授業がわからない生徒の気持ちを大事にして欲しい。と語った。

彼らは目で話を聴いてくれた。

話は目で聴く・・・

「高校に入学して、最初の集会で先生が言ったことです」って一人が言ってくれた。それを覚えていてくれた。ほんとうにありがたい。

授業を見学に行くと、必死に教える彼らがいた。毎日朝早く学校に来て、遅くまで担当の教員に指導を受けながらの授業。立派だった。涙が出そうだった。

自分はあんなに一生懸命おしえてるだろうか・・・

彼らに教えられた気がする。初心。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する