組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

しかる とか 怒るとか

»

「上手なしかり方」「しかる技術」のような記事を目にする事が多い。それだけ多くの人が「しかれなく・怒れなく」なってきているのだろう。

いったいいつから大人は、こんな問題を抱え始めたのだろうか                                                  
甘く優しい社会   「しかるより褒めて伸ばす」という都合のいいコーチング    
心から発した言葉なら相手に届くはず。心でしかり心で怒る   
 
そこに技術はない。そもそも、それを技術化しようとしたことが間違い。         
 
「どのように」ではなく「誰が」「何を」言うか。本質はそこ。           
しかろうが、怒ろうが、そこに愛情があれば心に響く
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する