ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

ニュルブルクリンクでのサーキットトレーニング

»

おはようございます。

曇り空の朝。少し雲は高め。今日はMr. Blue Skyがお出ましかな?

===ほぼ毎朝エッセー===

□□ニュルブルクリンクでは何をやっているのか?

先週はお休みをいただいてドイツに行ってきました。BMW主催のニュルブルクリンクでのサーキット走行トレーニングが目的です。各カーメーカーは高性能車を発表する際にそこでのタイムを発表します。

アップダウンの多い、林道のようなものから発展したためか、通常のサーキットとは違い、退避ゾーンも少なく、運転を失敗して壁に激突するYoutube動画が沢山あります。ニュルブルクリンクは世界で最も過酷なサーキットと言われています。

ある意味危険なサーキットなのですが、BMWではそこで年数回、サーキットを借り切ってトレーニングを行っています。1周20キロ強の長いサーキットを、10セクションに分けて、一つづつ教えてくれます。そして最後にはぐるっと何周かします。

20180607_132142.jpg 20180606_065538.jpg

トレーニングは、指導員の車の後を、1チーム8人、車4台で追いかけるという構図です。セクションを区切っているので、説明の際にはサーキットの地面に降り立って、そこの傾きやら滑り方やらも、じっくりと学ぶこともできます。

20180605_113005.jpg 20180605_100443.jpg

BMWのM4とかM5とかの高性能車の能力の8割程度を使った走行ですが、一般人には目が回るようなスピードだったりします。実際にあるコーナーでは時速230キロでジャンプをしながら着地してブレーキをかけて次のコーナーに入る、そんなことまでやります。自分で走ったら、きっとまともには帰ってこれませんね。

これだけのことを、一般人にさせて、安全に運営してしまう、BMW、いやドイツ人の凄さを感じました。また、これだけのことが一般人にまで普及しているのだから、ドイツ車を始めとしたヨーロッパ車が、高性能であることにもうなづけます。

20180606_132154.jpg 20180606_172245.jpg

高性能な車を安全に速く走らせる。このことには、きっとパワースーツのような楽しみがあるから、昔から、多くの人を魅了しているのでしょうね。お休みをいただけて、素晴らしい体験ができました。リピーターになってしまいそうです。。(笑)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する