ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

開発グループのチームワークを良くしたのは何?

»

おはようございます。

渋谷行の高速バスの中での作業。今朝はSplashtop for CACHATTOでの作業。

===ほぼ毎朝エッセー===

□□チームで仕事をする方が百倍楽しい!

開発メンバーでのチームワークが改善してきています。

うちの開発メンバーは、外国人比率も高く、当初あまりe-Jan的なチームではありませんでした。一般的にプログラミングをする人たちには、コミュニケーションが苦手な人が多いです。そこに、うちではさらに、言葉も違えば文化も違う人たちによる混成メンバーでした。

1年少し前になりますが、完成間近だったBusinessMessengerという開発がありました。今だから言いますが、それを中断したのはビジネス的は先行きが無いと判断した以外に、開発メンバーでのバラバラ感が余りに強いところを懸念したからでした。

ちょうど開発メンバーのTMC (Ten minutes conversation)が回ってきたところでした。「チームワークできてる?」という質問を皆にしてみたのですね。ところが、返ってくるのは「皆バラバラです」と、浮かない表情での返事でした。チームワークを強く推奨しているe-Janなのに、各メンバーは実につまらなそうだったのです。

そこに大きな危機感を持ち、組織的な大ナタを振るうことにしました。ご存知の通り、大御所を開発Gに異動したり、ユニットを変えたり。でも、実際のところ、チームワークの醸成はなかなか進みませんでした。それでもリーダーたちの頑張りでOne-on-oneを実施したり、新入社員の提案と主導で勉強会が始まったりしていきました。粘り強くチームワークの醸成を願っていました。

昨日のDRで開発メンバーの一人からこのような記述がありました。

===
* 新スケジュールUIの手伝いをしていて、開発グループ内で チームワークが形成されていっているなと、日々感じます。
===

入社2年目の人です。これはとても嬉しい気持ちになりました。

是非チームワークを楽しんでください。チームで仕事をする方が100倍楽しいです。成果も大いに違ってきます。そしてチームワークは日々のちょっとしたことで大いに改善します。例えば朝に目を合わせて挨拶する。あるいはちょっとした一言をかける。コミュニケーションは細かいことの積み重ね。そういうものです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する