ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

2008年に悲劇的なテロがあったムンバイのTajホテルに行ってきました

»

おはようございます。


ムンバイはバンガロールよりかなり整備が進んだ町です。車も高級車が多いです。

===ほぼ毎朝エッセー===

昨晩は、以前英語のブログで書いたムンバイでテロにあったTajホテルに夕食に出向きました。同行しているTがクーポン券を見つけてくれたので二人分のコース料理代が浮くことになるからです。今回、自分たちが泊っているのは飛行場近くのTajホテルです。

バンガロールと比べると、町が綺麗とまでは言えませんが、それなりに整然としています。海外からの高級車も多く走っています。さすが、インド金融業界の中心地というところ。でも、金融がITよりも儲かるというのも、個人的にはとてもおかしなことだと感じました。

さて、ムンバイの町中を抜けて半島の先にあるTajホテルまでは車で約1時間。インド門のすぐ隣にあるホテルでした。とても高級なたたずまい。さらに、ムンバイの中心地にはイギリス統治時代の建物が数多く存在しています。

テロのあったTajホテルはとても高級そうです。飛行場のよりツーランクくらい上という感じです。Tataが創業したホテルで、世界から多数の要人を迎えているようです。ホテルではガラスケースに入った写真などが展示してあります。見るだけで歴史を感じます。

20170904_184346.jpg20170904_183703.jpg

イギリス統治時代の町中の様子の写真などもあったのですが、かなり整然としてたようです。残念ながら今は、車と無秩序に建てられた建物たちがその面影を台無しにしてしまっています。ホテルの中を観光して、夕食を食べて戻ってきたのです。テロの痕跡は全くありません。記録すら消してあります。

20170904_185217.jpg20170904_185346.jpg

せっかくなので、以前のブログを再掲載しますね。

Is Business a Religion? Amazing people at Taj Hotel (ビジネスって宗教?Tajホテルでの信じられない人たち)

When I visit Bangalore, I stay at Gateway Hotel. Last week was my second time staying there, and their hospitality made me feel quite comfortable. I was wondering why my experience was better than expected, but after talking with Rajesh about an incident that occurred in 2008, it became somewhat understandable.
バンガロールに行くとき、私はGatewayホテルに宿泊します。先週、そのホテルの2回目の利用をしたのですが、そこの人たちのおもてなしは想像以上、居心地がいいところでした。なぜそう感じるかと思っていたのですが、Rajeshから、2008年の事件について聞いたときに、なんとなく理由が分かった気がしたのです。

Last week, shortly after I had arrived, Rajesh and I were talking about a case that was used during his Executive Education course at Harvard Business School. The case was about one of the tragedies in Mumbai in 2008, during which simultaneous terroristic attacks to the city occurred. I hadn't known how violent the incidents were, but I would like to share a little bit of what I heard from him.
先週、(バンガロールに)到着してすぐのころ、Rajeshとハーバードビジネススクールのエグゼクティブ教育で使われたあるケースについて話していました。ケースは2008年、ムンバイで発生した悲劇、同時テロについてのものでした。私はそれがどんなに暴力的だったのかを知らずにいました。ここに彼から聞いたことをシェアさせてもらいます。

In one of the incidents, terrorists attacked Taj Hotel in Mumbai. Although the terrorists tried to make the hotel staff to hand over guests to take them as hostages, the staff resisted. Some of the staff even made a human barrier to take the bullets. Some of them stayed behind and hid in the hotel kitchen, making phone calls to each room, making customers aware of the situation, and telling them to hide in their rooms with their key cards taken out so terrorists wouldn't know they were in there.
テロ襲撃の中の一つはムンバイのTajホテルで起きました。テロリストたちはスタッフから人質として客を引き渡すよう命令されたのですが拒否。中には自らが銃弾の盾となって客を守った人もいました。スタッフの一部はホテルのキッチンに隠れ、各客室に電話をかけ、部屋のキーカードを抜いてテロリストたちに気が付かれないようじっとするよう指示したりもしました。

The hotel manager and his family members had a room in the hotel in which they were living. The room was fired at by the terrorists, but since the manager did not evacuate his place, none of his family members except him survived. The amazing thing about the case was that very hotel manager was in Boston at the time when Rajesh was studying there. He was a guest speaker expressing his insights and unable to hold back his tears.
ホテルのマネージャーとその家族は、ホテルの一角に住居を構えていました。テロリストたちはその部屋を燃やしたのですが、マネージャーは自分の持ち場を離れず、他の家族は皆犠牲になりました。そして、驚いたことに、そのケースに出てくるマネージャー本人が、ボストンのRajeshたちがいたクラスルームに表れたのです。ゲストスピーカーとして体験談を語るうちに涙が抑えられなくなったそうです。

In an extreme situation like a terrorist attack, what makes people behave like the staff or the manager? What is the motivation behind their sense of responsibility? Is business a religion, and the staff were like martyrs? There seems to have been something deeper hidden in the staff hospitality at the Gateway hotel in Bangalore, which by the way, is a part of the Taj group.
テロリストによる襲撃のような究極の事態に、何故そのスタッフたちやマネージャーたちのようにふるまうことができるのでしょう?何がそこまでの責任感を持つ動機なのでしょう?ビジネスとは宗教なのでしょうか、そしてスタッフたちはその殉職者?Gatewayホテルのおもてなしに感じたことには、何かもっと深いものがありそうです。ちなみに、GatewayホテルもTajホテルと同じ、Tataグループの一つです。

===Post Script===

9:29 2017/09/05
サービス精神でつい、日本語訳をしてしまいました。(乱文にて失礼します)
発信手続きに入ります!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する