ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

VALKEE (耳の中に光を当てる装置)は効果が無い?

»

おはようございます。

秋の空。22.5℃ 1008hPa @5.10am。

===ほぼ毎朝エッセー===

耳の穴の中に太陽光を入れる装置が集中力アップに効く?

このブログを6月5日に出しました。その後、効果が本当にあるかを、あるお医者さんの友人とやり取りしていました。

==

H医師:
先日ご紹介戴いた、耳の中に光をあてる装置は、効果がないことが証明されているようです。
https://link.springer.com/article/10.1007/s41105-015-0027-5

私:
エエッ!!?

H医師:
装置の開発当初、効果の有無を判定する「アンケート」が、効果があると思わせる方向に誘導するものだったらしいです。より客観的な複数の対照実験では、効果が無いことが証明されたということですし、日本の厚労省に相当する米国FDAも、認可していない(効果を認めていない)ということです。

私:
VALKEE、今朝も使ってみたのですが、やはり、頭がすっきりするんですよね。耳の奥が温まる効果かもしれませんが、温まった状態でイアホンを外すと頭の中がスッキリする感じです

H医師:
VALKEE、効果があると感じられるのなら、それで良いのではないでしょうか。

VALKEE関連の医学論文の要約だけ幾つか読んでみましたが、例えば、睡眠-覚醒の日内リズム(circadian rhythm)を司っているホルモン(の1つ)とされるメラトニン(melatonin)の血中濃度の変化を測定しても、VALKEE使用では変化が見られませんでした。

しかし、メラトニンの分泌に影響を与えるのは「視覚(視神経系)に対する光刺激」であることが判っているだけなので、VALKEEによる耳道内光刺激は、1) 視神経系を刺激することはない、そして、2) メラトニンの分泌量に影響は与えない、の2点を結論付けられるだけで、メラトニンの血中濃度に変化が無かっただけでVALKEEが脳の覚醒に影響を与えない、と結論付けられるわけではありませんからね。

但し、アンケートの類は、質問者が意図した結論を導き易いことも科学的に証明されているので、「客観的な覚醒の指標」に何を選択するかを含めて、"科学的な"実験デザインは慎重に行う必要がありますね。今後の研究(?)の結果を待つしかないのでしょうか...(苦笑)。

脳波を測定した論文は、小生が検索した範囲では見つからなかったのですが、脳波を調べていないとしたら逆に不思議です。覚醒脳波と睡眠脳波の割合の変化を調べれば一発で結論付けられると思うのですが。

==

このやりとりの後、「効果が無いのかな...」と、思いつついました。それでも、仕事の合間、眠気との闘いの時がくると、耳の中に光を入れています。じんわりと頭の奥の方が温まると、なんだか目が覚める効果は、やはり健在です。頭の芯が温まると、前の方がひんやりする感覚がして目が覚めるのです。

私は、耳から光という媒体で、脳の奥の方を温め、眠気を飛ばすという効果はあるかもしれないと思うのでした。

今度、脳波を調べてもらいましょうか。逆に変なものが見つからないかが心配ですが(笑)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する