ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

耳の穴の中に太陽光を入れる装置が集中力アップに効く?

»

おはようございます。

1003hPa、17℃、@5.15am。今日も晴れています。

===ほぼ毎朝エッセー===

5月16日に社内のSさんの日報にあった[Good News]から引用します。

===

[Good News/Appreciation Message]
昨日のDRで時差と光の話が出ていましたので1つユニークな製品をご紹介します。
http://valk.jp/
スイス人と結婚して2年、お互いの国を行ったり来たりの別居婚をしている友人に勧めてもらいました。彼女はこれを使うようになってから1週間かかっていた時差ボケが2日で治るようになったそうです。彼女は国費で定期的にイタリアに研究に行っていますが、これはイタリアのサッカー選手達が使っていると聞いて使い始めたとか。海外行き来の多い方には良いかもしれませんね。

===

はい。海外出張で時差を調整するのは一苦労です。私の場合、1時間くらいならいいのですが、3-4時間くらいになると顕著に表れてきます。

興味がわいたので製品ページを調べてみます。それは、耳の中に太陽光と同じ波長の光を当てるものだと。原理的にはイヤホンの先にLEDのランプがついていて、それを耳にはめるだけだというのです。北欧フィンランド生まれのもので、日光浴の補助装置という位置づけですね。ここでの発明というか発見は、耳の奥に太陽光を当てると、それが脳に日光浴と同じ効果を生ませるというものです。

善は急げ。早速買ってみました。アマゾンとかですぐに買えます。2万5000円と若干高いですが、これが生活のリズムを助けたり、時差を軽減してくれるのであれば儲けものです。朝起きるのが苦手な人たちにも提案できます。

到着すると、「これが2万5000円?」と、あまりに簡単な作りであることに若干がっかりします。実際に使ってみます。耳の穴にイヤホン型ライトを差し込み、スイッチを押すと12分のタイマーが稼働します。すると2-3分も経つころでしょうか。耳の中がボーっと温かくなってきます。普通ならより眠くなるかと思うような温かさです。

IMG_20170605_092029.jpgIMG_20170605_092033.jpg

その後、かれこれ3週間ほど使ってみています。時差にも試してみました。でも、シンガポールの1時間の時差では、短すぎで今一つ効果は確認できませんでした。

ところが、特に朝、【朝メール】作成作業を早朝5時過ぎから行い、8時頃に突然やってくる脳の疲労と眠さによる不調にいいようなのです。この12分をちょっと時間を空けて2セットやると、終わりころには、いつの間にか集中力も復活して、いい感じにタイピングも快調になっていることに気が付きます。これはほぼ毎日使っています。

メリットは、特に何もするわけでなく、音楽を聴くような感じでイヤホンをするだけ。これで頭が温かく元気に目覚めてくれるような感覚です。フィンランドでは日光浴不足からくる体内リズムの崩れに効果を見出していて、鬱対策にもなっているとか?実際にやってみると、効果があるかもしれません。少なくとも、眠気の制御の一助にはなりそうです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する