「社会貢献が日常になる世界」の可能性を追い求めます!

issueを発信・共有して行動を促すプラットフォーム「TRAPRO(トラプロ)」

»

個人がissueを発信し共有するプラットフォームサイト「TRAPRO(トラプロ)」を紹介します。

20140114_164459
TRAPROの運営は一般社団法人リディラバ、2012年10月1日にリリースしたサービスです。

問題意識の百科事典

TRAPROは、個人が社会問題などの課題をissueとして提起して他者と共有するイシュープラットフォーム。「問題意識の百科事典」として皆で作り上げていき、誰もがすぐにissueに触れられて、次の行動へとつなげていく場所を目指すとのことです。

情報発信のスタイルは「記事」として書く、「イベント」を告知する、ボランティアなどを募集する「リクルーティング」の3つ。また、記事のカテゴリには「一次産業「地域」「医療」「社会制度」「経済」「人権」「人」「環境問題」「フロンティア」「海外」があります。

issueを共有して行動を促す

近々で発信されているissueとしては、以下のようなものがあります。

issueの登録件数や議論されている内容を見ると、新しい媒体として成功しつつあることが分かります。いままでは問題意識があっても、どのように発信してどのように行動すれば良いのかが分からない人が多かったと思います。

「問題意識の百科事典」というスタイルは新しい観点かもしれません。どのような媒体として進化していくか期待したいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する