Report on Japan's infrastructure topic on weekend.

セミナー案内:米国先端事例から学ぶ「オープンデータ+α」のビジネス活用〜オープンデータは本当に儲かるのか?〜

»

毎度恐縮でございますが、セミナーのご案内です。

以下の内容のセミナーを5月15日(木)午前に開催いたします。主催は、新社会システム総合研究所さん。

申込時に「今泉扱いで」と備考欄に添えていただきますと、15%引きになります(リンク先一番下から)。

ふるってご参加下さいませ。

セミナー
米国先端事例から学ぶ「オープンデータ+α」のビジネス活用〜オープンデータは本当に儲かるのか?〜

1.マッキンゼーが考えるオープンデータの経済インパクト
(1)教育/運輸/消費者製品/電力/石油・ガス/医療・健康/
   リテール金融の7分野で年間3兆円の経済効果
(2)何がそれだけの経済効果を生むのか?

2.新概念:シビックテクノロジー(社会をよくするテクノロジー)
(1)シビックテクノロジーの5分野で活発化する米国の投資
(2)一部投資先ではエグジットも

3.成功プレイヤーは「非オープンデータ」も組み合わせて使う
(1)事例
 ・Googleが960億円で買収したWaze
 ・中小企業向け融資で新市場を開拓したOn Deck Capital
 ・公共路線バスのバス停到着時刻を予測するNextBus
 ・消費者の電力消費削減を支援するOpwer
 ・売買対象不動産の価格を予測するZillow
 ・農家向け天候リスクをカバーする
  損保のClimate Corporation

4.オープンデータのビジネスモデル分類
(1)パターン1
 ・Premium Product
 ・Infrastructural Razor & Blades
 ・Demand-Oriented Platform
  など計8種
(2)パターン2
 ・Consumer choice engines
 ・Sentiment analysis
 ・Crowd innovation
  など計10種

5.なぜオープンデータだけでは付加価値が付きにくいのか?
(1)メカニズム解説
(2)付加価値が付くには何が必要か?

6.ユニークなアルゴリズム、ユニークな分析
(1)事例

7.IT部門が知っておくべき大企業のデータ活用
(1)大企業は「データドリブン・ビジネスモデル」を指向
(2)今年2月開催のオライリー社
   データドリブンビジネスデイ講演よりハイライト
(3)Hadoop活用の米国先端事例と注目Hadoop企業

8.オープンデータ活用に不可欠な「公共善への奉仕」の姿勢

9.質疑応答/名刺交換

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する