Report on Japan's infrastructure topic on weekend.

オープンデータ・スタートアップ、10のビジネスモデル

»

米国では昨年末にオープデータのビジネスモデル方面を解説する本が出て、評判になっているようです失礼、参照元記事はインドのウェブメディアでした)。米政府でオープンデータの開示プロジェクトに携わった経験を持つJoel Gurinによる"Open Data Now"です。この書籍を紹介する記事がたまたま目に入ってきて、記事の下の方に10分野のスタートアップ企業を整理している表がありました。

この10分野がオープンデータに関わる新種のビジネスモデルの分類であるとも言え、なかなか興味深いです。以下のように挙げられています。

  • Consumer choice engines - 消費者向け選択支援ツール
  • Investment tools - 投資判断支援ツール
  • Green investing - 再生可能エネルギー系投資
  • Reputational marketing - 評判をベースにしたマーケティング
  • Sentiment analysis - 消費者の感情(受け止め方)の分析
  • Crowd innovation - クラウドソーシングなどクラウド(群衆)系イノベーション
  • Open research - オープンデータ活用リサーチ
  • Security products - セキュリティ関連サービス
  • Agribusiness - 農業支援
  • Citizen vigilance - 市民による政府ウォッチ

各分類にスタートアップ企業例として挙げられた企業は、1つひとつ細かく見ていくと非常におもしろいでしょう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する