技術全体を見るCTOの視点、ビジネス全体を見るプロジェクトマネージャーの視点、その両方で世の中のトレンド、ニュースを見る

サンフランシスコで働く日本人の現地事情とは?

»

SF日本人エンジニアの飲み会

サンフランシスコ周辺には、IT企業が多数集まっています。そんな街で働くエンジニアの方や、デザイナーの方、働きたいと思っている学生さんなどが集まって交流をする会があります。それが、「SF日本人エンジニアの飲み会」です。名前は「エンジニアの飲み会」ですが、色々な方がいらっしゃいます。

sf_jp_engineer.png

月に1回、集まって交流をされているそうで、6月は毎年WWDCの週に合わせて、日本からのWWDC参加者を含めて飲み会を開催されるとのこと。WWDC参加者の方からこの会の情報を頂きまして、行ってまいりました!

会場は、SOMAのStrEat Food Parkです。

IMG_1262.JPG

サンフランシスコはいい街だけど物価高いよね

現地に住んでいる人でなければ分からないような、サンフランシスコの現地事情を色々伺うことが出来ました。まずはサンフランシスコの物価について。私がサンフランシスコに来てまず驚いたのは、食べ物の値段の高さでした。最初の食事は観光地の中だったので、まあ観光地値段なのかなーと思っていたのですが、どこに行っても高い! 普通にランチで$15くらい行きます。日本円だと、1500円超えです。そこで、ストレートに「サンフランシスコって物価高くないですか?」と聞いてみました。

回答はみなさん一様に「高い」とのこと。驚いたのは、家賃の高さです! ルームシェアで、1人の家賃が$1,000とか$1,100とかだそうで。それでも「マシな方」と。$1,100って言ったら、11万円ですよ! 日本だったら都内でもワンルームで普通に住めます。なので、サンフランシスコの中心部からは少し離れたところに住んでる方が多そうな印象でした。

san-francisco-neighborhood-1459695606m8F.jpg

最近ニューヨークの家賃が高いという記事を見たなあと思って確認したら、その記事内で一番生活費が高かったのがサンフランシスコでした。Oh.(その記事はこちら

とはいえ、サンフランシスコで働いていれば、その物価を前提として給料は出るので、少し郊外に住めば生活は出来るみたいです。あと、サンフランシスコの仕事をリモートでやる、というのが良かったという話も出てきて、それはとても納得感がありました。

現地に住むと治安には慣れる?

サンフランシスコは、アメリカの中では基本的に治安のいい街です。とはいえ、アメリカなので日本とは「治安がいい」のレベル感が違います。エリアによってはホームレスが溜まっていたり、大声出して怒鳴り合っている人たちがいたりします。

観光客は現地に慣れていませんし、現金を多く持ち歩いていたりしますので、やはり危険なエリアには入らないに越したことはありません。とはいえ、現地に長く住むと感覚は変わってくるようです。

サンフランシスコの市内でも特に治安の悪いエリアとして、テンダーロインが挙げられます。ここは、昼間でも雰囲気が悪く、日本に住んで危機感覚の鈍りきっている自分でも、「ヤバいぞ」と思うようなエリアです。(WWDCの初日の会場がその辺のエリアだったので緊張感がありました。)

tenderloin.png
(クリックでGoogle Mapsを開きます)

サンフランシスコの犯罪発生率マップがありますが、一番赤いところがテンダーロインです。

crimerisk.png

そのエリアも、現地の人から見ると「あれはあれで味がある」の一言で済んでしまっているのは割と衝撃的でした。もめているのも内輪なので、巻き込まれたりはそんなに無い、そうですよ、そんなには

おそらく現地に住んでいるからこそ磨かれる危機感覚はあると思いますので、本当に危険なところは自然と回避しているのではないかと思います。基本的に慣れていない人はやっぱり分かっている危険エリアには近づかない方がいいでしょう。

こういう会があるのはいい!

物価だとか治安だとかの話はありますが、やはり美しい街ですし、特にITエンジニアからすればサンフランシスコはITベンチャーの本場。憧れはあります。

とはいえ、一人で飛び込むのは勇気がいるものです。また、思い切って来てはみたけれど大変だ!ということもあるかと思います。そういう時に、サンフランシスコの先輩方のお話が直接聞ける場所がある、というのは非常にありがたいと思います。皆さんとても輝いているので、励みになることは間違いないでしょう。私も、独身のうちに来てこの会の皆さんにお会いしていたら、移住を本気で考えただろうな、と思います。

IMG_1268.JPG
(左の方は会社の人にそっくりでびっくりしました。)

ちなみに

サンフランシスコ歴の長い皆さんが、「サンフランシスコで行くべき場所」として揃って「カストロ劇場」を挙げてくれました。「カストロ地区」という、ものすごいパワーのある「ゲイの街」の中心にあるそうです。サンフランシスコは街中どこでもレインボーフラッグ翻る自由の街ですが、その中でも特に人々が自由に、パワフルに、情熱的に生きているのがカストロ地区。

Castro_Theatre_at_Night_IMG_4585.JPG

私は、教えてもらったにも関わらずまだ行けていません......!

スケジュール的には、どうやら行けずに帰る事になりそうです。。。悲しい。イベントごとで来ると、なかなか自由にふらふらする時間を取るのは大変ですね。次サンフランシスコに来た時にはゆっくり過ごしたいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する