プロダクトマネジメントとイノベーション

なぜか100点取った日米首脳会談

»

日米首脳会談が終わり、共同声明が発表された。

20140425t022617z_1_lynxmpea3o00m__2

予測通り、日本の集団的自衛権の行使やNSCの設立について米国からエンドースが得られ、尖閣諸島が防衛対象であることも明記された。安倍総理にとってはこれだけでも100点満点の成果だったのではないか。

そして、TPPはほとんど進展なく決裂した。もともと合意できない両国同士だったので、首脳が横にいるからと言って急に妥協できるものではない。自民党にとっても大事な票田を抱える分野でもあり、「TPP交渉に参加しつつ進展なし」というのは、これも100点満点の出来だったのではないか。米国サイドには日本をTPPに参加させたくないという支援企業もいるから、相当な嫌がらせもあったかもしれないが、日本の産業界のために踏ん張った形だ。

ただし、「TPP交渉の決裂による100点満点」はあくまでも生産者にとってである。消費者にとっては、関税が撤廃されて環太平洋のモノやサービスがどっと入ってくるのは大歓迎であるから、今回の交渉決裂は0点と付けられても仕方がない。例えば、IT業界などはずっと関税無しで無風状態だから、顧客は世界中のモノやサービスが選び放題である。それによって、世界第二位のIT産業が確立し、システムインテグレーションという目利き業や組み立て業が繁栄した。関税が無いという事は、そんなダイナミックな棲み分けも可能にするのだ。

・・・なぜか日本政府が100点取ってしまった。そんな感じの拍子抜けした日米首脳会談だった。

しかし、そんなわけはないのである。なぜ今回は米国はここまで譲歩したのか。おそらく、次は日本が米国にたっぷりと恩返しをしなければならないだろう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する