プロダクトマネジメントとイノベーション

タグチメソッドによるソフトウェア品質管理は可能か?

»

タグチメソッドは、米国自動車殿堂入りをされた田口玄一博士が編み出した品質管理手法の一つで、同氏の品質工学の根幹をなすものです。

この手法は、自動車業界を始め、おもに製造業において品質のばらつきを効率的に減少させる効果をもたらしたと言われています(品質の国ニッポンではなく米国で殿堂入りされたのはなぜ?)。特に、直行表によってSN比を効果的に高める仕組みが注目を浴びました。

さて、この手法をソフトウェアの品質管理に当てはめようという試みがあります。私がかつて在籍したIT企業でも品質管理にはただならぬ投資をしてきました。こういう研究もされています。

ただ、ほとんどの研究はテストパターンをいかに減らすかということに注力していますね。それは、ソフトウェア開発プロセスにおいては直行表の因子がとりづらく(なにが品質のばらつきを産むか)、「機能」が因子になりやすいことが要因なのではないでしょうか。ブラックボックステストなどでは効果的でしょう。

しかし、それはあくまでも「もぐら叩きを効率的に行う」ことにすぎず、誰がもぐら(ばらつき)を作っているのかという根本問題には近づいていません。

ソフトウェアはほとんどの場合、書き出しの1文字目から最後の1文字に至るまですべてが手作業で綴られます。それがOSから業務アプリまで重なって動作しますから、人類の所業を積み重ねた絵巻物です。となると、絵巻物の出来・不出来のばらつきを産む最大の因子は人であり、人の集団であり、人を動かす規律、倫理、環境ではないでしょうか。

これらの視点は新しいものではなく、既に開発工程にはスタンダード、ドキュメント、レビューなどの一連の規律があり、人のスキルセットの揺れを抑えています。すなわち、ばらつきを決めるのはこれらの因子なのでしょう。

因子の充実度は、最近ではケイパビリティ・マチュリティ・モデルなどのハイカラな名前で日本でも標準化の動きがあります。ただ、評点化によってどうしても「より完璧な規律を作る」方向に意識が向き、「効率的にばらつきを抑える」手法が出にくいのが難点です。

オープンソースコミュニティで暮らしていると常にタグチメソッドのことが頭をよぎります。この集団的な熱狂を維持しながら効果的に規律を当てはめることができないか。それができれば、「米国オープンソース業界殿堂入り」は間違いないでしょう。

Comment(1)

コメント

ニューク

おもしろい記事発見

 タグチメソッド材料研究室に忍び寄るのスレッドを立てた人間だが、
懐かしく思いコメントする。とにかくIT技術の発達は俗に言う「煽り」
を増殖させた。単純情報の波及性が強調されすぎた。理論というもの
の本質は、神が与えたものでもないA=Bという線形化された物なのだと
いうことに過ぎず、別の条件下ではA=Cということになりそれにも理論
の名前がつく。理論とは適用範囲がもともとあって、こういった等式
性を前面に打ち出し、万能性や美しさを強調する。しかし現実は2つ
の理論の境目においしい領域があり、多くの場合経験的に先人が設定
していたものも多くある。やはり、理論とは原理主義につながり、個
人的な意見では、「物理モデル」が今のところ適切な表現だと思う。
ニュートンの法則も適用範囲が限定されているので「物理モデル」な
のだ。
 タグチメソッドは数理初学者には小気味のいいものであるが。この
両式が融合された現実世界(便宜上2法則に限定しているが)の実感に
乏しく、工学の最適解をえるのは困難だ。
このような中、タグチメソッドに1/A^n=1/B^n+1/C^nというものを紹介
しよう(実はアインシュタインファンには気の毒だが物理的根拠は
全くない)。A=BでかつA=CならばB=Cだとかいう文系の使う時代遅れの
ギリシャ哲学から抜け出すにはちょうどいい。とにかく理論間の接続
が現場での切実な悩みで、何年もそこで頑張っているエンジニアに対
して小馬鹿にしすぎな内容が現時点のタグチメソッドでは良くない。
とにかくここで示した融合式に対する確率論的展開により、最適点を
決定する理論を構築できれば敬意を払う。
 いずれにしても原子力の技術者がZrの被服物が溶融して水の中に落
ちると水素が発生するということが予測できないのは数理オタクばか
りを集めていて、モードが変化した場合(高融点のZrが溶融するといっ
た場合)の科学というものに対する理解が不十分だったように感じる。
 とにかく数理だけに溺れ、計算根拠を自覚できないのは演算能力だ
け上がり、実態に触れられないのに外部情報に振り回される(多くは本
社機能のあるセクションでその位置づけもわからずこのお経がいいと
宣伝するやつらに振り回されているのだが)不幸なエンジニアをとりま
く環境で、経営層がトップダウン側に偏重している現状なのかもしれな
い。
 ROHAS指令とかも気に入らない。CAE偏重も気に入らない。バランスが
大事。わかり難いのも現実だと受け止め、情報や規格だけに流されない
エンジニアの誇りを持ってもらいたい。かといって数理の理解も重要だ
し、わかりがたいものを解明する努力こそが重要だ。用はバランスで、
偏っていない人間を探すのもなかなか難しいが理想を目指してほしい。
数学?オイラーの公式?そこは美しいが、汚く醜い解もあるし解析的
に解けない話もゴロゴロしている。使えることが全体最適において一番
美しいだけなのに。

わかるかな?わかんねえだろ~な~。オヤジギャグ

コメントを投稿する