あらゆる「人生のヒケツ」を紹介していきます。ビジネス、働き方・キャリア、起業、恋愛、料理、ファッションや第一印象など。人生のヒケツを教え合う場所shAIR(シェア)でのいろんな「先生」のヒケツや、大澤の「運と縁のヒケツ」などを、週に1回程度で紹介していきます。

運をつける4つの方法

»

oosawabook.jpg 2014年2月に、書籍『「世界をよくする仕事」で稼ぐ』(プレジデント社)を出版することとなりました。
 こちらでも一部執筆していますが、ビジネスをする上で、また恋愛にもキャリアでも、あらゆる人生において「運」は最も重要な要素の1つといえます。今回私が出版できたことも、運の要素が多分にあります。
 振り返ってみると、「私のキャリア、仕事の経験は非常に運が良いなぁ」と、思うばかりです。

 以下はほんの一例ですが、

・大学時代に1年間留学して帰国後(1995年3月)、2週間で三菱商事という 超人気企業から内定を頂き、翌96年入社できた(コネもなし、一般の説明会から参加)。

・退職後、国内のビジネススクールに通いながら起業。授業料は年間200万円だったが、起業した事業を数カ月後に米国の企業に3500万円で売却。

・その後、他の事業を立ち上げるも、5年後に1.1億円でサイバーエージェントに売却。

・後に入社した経営コンサルティング会社、投資会社のドリームインキュベータでは、経営コンサルタントとしては成果が出ていなかった1年目から、海外投資を手がけ、ドリームインキュベータ初の海外投資となり、立て続けに合計3度の投資に深く関与。

・2009年に起業したPiece to Peaceはファッション事業から開始。翌年度には、ファッション感度の高い女性から大人気の「エミリオ・プッチ」とのコラボが決定。大きな売上、かつプロモーションになった。同時に、日本最大のセレクトショップ「ユナイテッド・アローズ」とも取引開始。

・ローレン・ブッシュさん(ブッシュ元大統領の姪、ラルフ・ローレン氏の息子と結婚、米国のモデルでありFEEDブランド創業者)を2012年に来日招聘、窓口となる。

・ちょっとした「縁」でつながった人からパーティーに誘われ、そのことがきっかけで、数回の面談後、書籍出版に。

 ここに紹介したことは全て、はっきり申し上げて「運」の要素が強くあります。
 そもそも、仕事やキャリアにおける「運」の定義って何でしょう? 私は、仕事やキャリアにおける運を、「自分の持つ能力や努力以上の結果が出ること」と定義づけていますが、これによると私は確実に運に恵まれています。もちろん努力はしていますが、周囲と比較して死にもの狂いの努力をした結果ではなく、また、高校、大学時代の平凡な成績から考えても能力に秀でたものがあったとも考えていません。

 では、どうして、これだけ恵まれた「運」を味方につけられたのでしょう? 絶対に1つあるのが「人の縁やコミュニティーとの関わり」です。
 偶然出会った人の紹介や、その人からの学びがあり大きな実績に結びついた、あるコミュニティーからサポートしてもらって実力以上の結果となった、ということは誰しも多分にあると思います。
 そんな「運と縁のヒケツ」を少しずつ紹介していくとともに、いろんな人の「人生のヒケツ」をシェア(共有)していきます。

 いろんな人がいろんなヒケツを持っています。例えば、料理やコミュニケーション、第一印象のつくり方、ファッションやスポーツ、キャリア、インターネット、恋愛や結婚・離婚......など。こうした「ちょっとしたヒケツ」は誰でも持っているものであり、いろんな人に知ってもらうべきだと思っているので、こうした経験やスキルを持つ人がオフラインでシェアできるよう「人生のヒケツを教え合う場所 shAIR(シェア)」を2013年3月から開始しています。

 人が持っている経験やスキル、使われていない場所(スペース)を活用して、大切なことを「シェア」していく場です。ここで、たくさんの人がカジュアルなマナビを通して人とつながって、縁を通して運が良くなり、人生が豊かになれば、と思っています。
 ちなみに、書籍では運をよくする他の3つの要因として、

・前向きなチャレンジをする、全力で取り組む
・絶対に諦めない
・「いい人」になる

と紹介しています。

 少しずつこのブログでも紹介していきますが、興味があれば書籍を読んでみてください。何もないところから、どうして先述したような実績を作れたのか、事実とヒケツを公開しています。これ以外にも、縁を得て、運をよくする細かい「ヒケツ」はたくさんあります。

 また次回以降、運や縁をつけるヒケツや、shAIRの先生のさまざまな「人生のヒケツ」をシェアしていきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する