日頃考えていることをぽちぽち書きます。

Windows 10の日本語IMEがMac的に?

»

昨年に以下の記事を見て、感動しました。
[半角/全角]キー不要に? WindowsのIME切り替えがMac方式に

早速、Windows Pro 10 Insider Preview 18305を導入しましたが、どうも様子がおかしい。よくよく確認すると、新しい日本語 IME の提供を一部の Insider の皆さまに再開とのことなので、僕のWindowsには入らなかったようです。
その後、18309に変わりましたが、新しい日本語IMEが入らないのは変わらず。残念。

Macの日本語入力の動作は、日本語入力のON/OFFではなく、純粋に英数入力モードとかな(もしくはカナ)入力モードの切り替えです。常に日本語入力状態で、かな/カナを入力する時に変換モード(直接入力ではなく変換できるモード、僕の造語)に入ります。そして、これらのモードに入るキーが別に割り当てられているのが、最大の特徴です。一つのキーで英数とかな、あるいは、変換と直接入力、をトグルに切り替えるのは僕にとっては最低で、画面の特定のエリアを見ないとモードがわからず、思考と入力の中断でとても効率が悪いです。残念ながら、現在のWindows 10の正式リリース日本語IMEは、キー割り当てを変更しても一部実現できないパターンがあり、文字入力時に苦労しています。

以下のMicrosoftのblogに書かれている内容からすると、期待通りではない可能性も感じますが、定期的にWindows Pro 10 Insider Previewを確認し、フィードバックするつもりです。
Windows 10 Insider Preview ビルド 18305 でお試しいただける日本語入力に関する改善点

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する