日頃考えていることをぽちぽち書きます。

Java活動の変化、Jakarta?

»

OracleがJava EE (Java Platform, Enterprise Edition)の仕様策定をEclipse Foundationに移管し、名前はJakarta EEになるとか。さらにJava SE (Java Platform, Standard Edition)は次のバージョンから無償配布が終了するとか。知らぬ間にJavaの世界では大きな方針変更が起きていました。

Jakarta EEは、彼らの方針から歓迎されているようです。名前が変わると、いずれは大きく違った方向に進化するかもしれないですね。

一方、Java SEに変わり、OpenJDKから無償版が提供されるそうなので、うまく回れば、両方とも活動が活発になることが期待できそう。

僕が本格的にJavaを使用したのは10年以上前であり、そのような者から見ると、最近のJavaは他の言語や環境に比べて、地味な印象です。今更クライアントサイドはなく、困る人も少ないと思いますが、サーバーサイドはこれからも一つの手段として期待しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する