日頃考えていることをぽちぽち書きます。

IBM WatsonがCore MLで使えるようになった

»

IBM Watson Services for Core MLだそうです。そもそもCore MLはおろか機械学習すらよく知らないので、少し調べました。

Core MLはMacやiPhone等のApple製品で学習済み機械学習モデルをアプリに組み込むためのAPI群ですが、Watson ServicesはiOS専用の模様。とりあえずは画像認識(Watson Visual Recognition)をオフラインでも使える、つまりはWatsonでコーディングせずに作成した学習済み機械学習モデルをCore MLに組み込むことができるそうです。

Apple側も何らかの対応したのかと思ったら、ネーミング通りIBM側がCore MLに対応したようです。構成まで理解していませんが、Watson Swift SDKもその一つのようです。

IBMとは以前からビジネス分野でAppleと協力していたためかもしれませんが、他社の機械学習サービスも同じようにCore MLに対応されると、とても便利。と思ったら、既にCore MLの解説ページで既存モデルからCore MLに変換する方法や自分で変換プログラムを作成する方法がありました。この分野はAppleが追いかけているのだから、当然ですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する