日頃考えていることをぽちぽち書きます。

デバイス非依存の開発環境で初めてFlutterは使えそう

»

興味深い記事を見ました。
Google、iOS/Androidアプリ開発向けオープンソースSDK「Flutter」をβ公開

早速、元の情報を読みました。何か面白そうな感じ。入門として、さらに以下2つを読みました。
Announcing Flutter beta 1: Build beautiful native apps
Technical Overview

文章の最初にmobile UI frameworkとかa rich set of fully-customizable widgetsとか書かれていて、SDKでは無いの? とか思いましたが、UI frameworkを含むSDKでした。
アプリケーションはDart言語で記述し、たくさんの独自widgetが用意されており(OSのwidgetを使わない)、AndroidとiOSのアプリを同時に開発可能。Model - View - Controllerモデルは使っておらず、Everything's a Widgetだそうです。
iPadとiPhoneのアプリも同時に開発できたら素晴らしいと読んでいたら、タブレットではテストしていない、と書かれていました。

今まで、同じような複数のプラットフォームに対応した開発環境はありましたが、あまり成功した話を聞きませんし、ネイティブアプリになりきれない使いにくさがあったと思います。ところが、Flutterはよくできていそうです。
しかし、この種の環境の課題は、ネイティブ環境でのデバッグ。苦労しそうです。
また、FlutterはOSのwidgetではなく、独自のwidgetを使うそうです。OSの進化の影響を受けないのは良いですが、進化したwidgetもすぐには使えないことになります。
とは言え、Flutterにはそんな課題を跳ね除けるポテンシャルがありそうです。近いうちに試すつもりです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する