日頃考えていることをぽちぽち書きます。

macOS High Sierraを一週間ほど使って

»

先週に公開されたmacOS High SierraをMacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)とMac mini (Mid 2011)に入れました。今の所、大きな問題はありませんが、変化もあまり感じません。
とりあえずの困りごとは、昨年買い換えたキヤノンのインクジェット複合機がまだ対応していないこと。当面、妻のMacは更新しないことにしました。Intego VirusBarrier等は早々と対応してくれています。

便利に感じたのは、写真アプリのピクチャ。iCloudフォトライブラリを使っていると、やっとiOSと同期されるようになりました。やって当たり前の機能に感動するとは。ただ、MacとiPhoneで表示される人が違う(iPhoneの方が遥かに多い)のはなぜでしょう。写真アプリの編集機能の改善は、そのうち使うと便利さを感ずるはずと期待しています。

不安に思っていた新ファイルシステム、Apple File System (APFS)に起因すると思われる問題は今の所なし。

さて、実は最大の不満は日本語入力です。僕がかな入力することが理由かどうかはわかりませんが、以下の3様の現象が発生しています。いずれもライブ変換です。

以前から継続: 「7じ00ふん」と入れると「7じ00分」になり、何度「7時00分」に変換し直しても覚えてくれない。
今回から: 誤変換後に再変換しようとすると、ひらがなと濁点・半濁点が分離されてしまったり、文字の順番が変わったり。おそらく新しい操作に慣れると発生しにくくなるのではないかと推測しています。
昔の不具合が復活: 英数モードにして英数文字を入力した後、ひらがなモードにもどしても、英数モードのままのことがある。逆のパターンもあり。これはとても困る。

ちなみに、macOS High Sierraにした最大の期待はHEIF対応だったのですが、肝心の普段使うiOSカメラアプリがまだ対応しておらず、お預け状態です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する