日頃考えていることをぽちぽち書きます。

iPhone 6バッテリーのもち

»

iPhone 6はiPhone 5sよりバッテリーのもちが良い印象です。
そのままにしておけば良かったのですが、この正月休みにもちが悪くなるかもと思いながら、設定を変更しました。

すると、見事に悪化。それまでの平日の場合は、朝100%にしておけば、帰宅直前でも70%から80%程度は残っていました。ところが、設定変更後は、帰宅直前に20%になっていることも。

これでは困るので設定をもどそうとしたら、どこをいじったのか記憶が無くなっており、探し出すのに2週間近くかかってしまいました。

変更したのは、ライフログをつけているアプリ、Argusの"Automatic Run Detection"でした。それの設定画面にもバッテリー消費が増えることの警告が書かれています。走ることなんてほとんど無いのに、気まぐれで設定したことが失敗でした。
まるで、モーションコプロセッサが導入される前のような感じ。
iOSのCoreMotion frameworkにはrunningの検出もあるのにも関わらず、なぜArgusが独自検出しているのかは不明です。

こんなことを気にしなくてはならないので、スマホはまだまだ家電ではないと認識を新たにした次第。

Comment(2)

コメント

匿名

使いこなせていないのを製品のせいにしないほうがいいですよ。
恥ずかしい人ですね。

コメントを投稿する