日頃考えていることをぽちぽち書きます。

あるライダーの死

»

ニュース等でお聞きになった方も多いでしょう、先週、マン島でのレースに参加中のモトジャーナリスト/レーサーの松下ヨシナリ氏が、レース(本戦ではなく予選)中の事故で亡くなりました。とても残念です。

モータースポーツを知らない人はレースやモータースポーツ、場合によってはバイクすら怖い、と思うかもしれませんが、それほど単純なことではありません。

マン島でのレース、Isle of Man TTは100年を越える歴史があり、毎年多数の参加者、観客が訪れるそうです。最大の問題は公道コースであること。現代のサーキットは相当に安全にするための対策がとられていますが、公道では到底そのレベルには達しません。マン島TTも残念ながら多くの犠牲者が出ており、日本人では2006年にも前田 淳氏が亡くなっています。

その状態を知って参加していた松下氏は、スポーツではなく、冒険と考えていたそうです。 ただ、冒険と言えど、帰って来てこそ意味があります。

自己責任で参加する人の意思は尊重しますが、危険な公道レースはこれ以上は不要です。日本では、三宅島での公道レースが企画されたことがありますが、識者の意見等によりレース形式になりませんでした。直接のソースは発見できませんでしたが、Wikipediaの記事に宮城光氏の予定コースの評価結果が書かれています。
リスクがあれば全て禁止ではなく、落としどころが現代のサーキット。主催者は最大限の安全対策をとり、参加者はそれを知って各自が判断する。この言葉だけならば公道レースでも変わりませんが、採れる安全対策のレベルが低すぎる。登山のように各自の判断で自然と対決するのではなく、場を提供するのだから参加者の自己責任ではすみません。

怪我をしながらもチャレンジし続ける松下氏はかっこよかった。しかし、生きてもどってこれなかった時点で駄目。
これを書いている時点で氏の体はまだ日本にもどってきていませんが、冥福を祈りたいと思います。

Comment(5)

コメント

日本人

「しかし、生きてもどってこれなかった時点で駄目。」
とは何だ。死者を冒涜軽蔑するのか貴様は!
生命尊重を脅かす行為は何物でも否定するのか?
生命尊重が第一と思うのなら、こんな人様から恨みを買うような記事など書かずに、病院のベットに縛り付けて貰い、脳死させ、胃ろうし、生命維持装置で何時までも生き永らえれば良いじゃないか。
貴様は何と愚かなのだ。思想を公に出す行為は非常に危険、一歩間違えれば自殺行為なのだぞ。

日本人さん、
ご指摘のように死者を冒涜したり軽蔑したつもりはありません。レースの危険性、実施の有無、そして参加意思のバランスの難しさを書きたかっただけです。

日本人

松下さんは生命尊重よりも高い価値をマン島TTに見出した、英国の騎士に勝るとも劣らない武士だと尊敬してます。今年総合優勝したマイケルダンロップをご存知ですか?彼はまだ24歳の若さですが、レースが日常にある家庭に生まれ、彼の父、ロバート・ダンロップは2008年のノースウェスト200レースの予選で他界しました。息子のマイケルは、その決勝で優勝し、父の墓前にトロフィーを捧げた実に胸が熱くなる男です。父ロバートの兄は、ジョイ・ダンロップで、マイケルの叔父にあたります。ジョイ・ダンロップは、マン島TT通算26勝を誇る偉大なレーサーです。
さらに20世紀最高のライダーと称せられるマイク・ヘイルウッドは、1971年にマン島TTの危険性について新聞記者からインタビューされて次の様にコメントしています。
「どうしてこんなに大騒ぎするのか分からない。TTコースは走るために有るのだし、TTは依然として世界最高のレースだ。危険を去々している連中の殆どだが、こう言う事を言える程速く走っていない。アゴスチーニだって全力を出してはいない。コースをスムーズにした所で石垣や堅い建造物が無くなる訳じゃ無い。危険だからといってTTに出るのを拒否する様なワークスライダーや、ウェットだから世界選手権を止めるべきだと言うライダーは、彼らが取っている給料に値しない。私がチーム監督だったら、そんな連中には我慢出来ないだろう。TTの質が下がったと言われる事は分かる。雰囲気も悪くなった。原因を追及する事は出来ないが、多分、速いワークスバイクが出なくなった事にも関係があるのだろう。素晴らしい音は、もう聞けないのかな・・・」

川井

古い記事にレスしてすみません。記載されてる事に共感します。危ないからグランプリから外されて数十年。長い歴史にはコース変更もしてるのに、今は危険なコースが固定化。。チャレンジするのはライダーの本質みたいなもんですが、死んで本懐のわけが無い。ので必要以上の美化は疑問に思います。

川井さん、コメントありがとうございます。松下氏が亡くなって早くも2年、今年もマン島TTの時期が近づいてきました。無事に参加者がレースを堪能することを祈るばかりです。

コメントを投稿する