オープンソース系パッケージソフトウェアベンダーの社長のブログ

結局モバイルスイカは電池が切れていても使えるのか?

»

 家族の包囲網に屈し、先週末にMNPでauからソフトバンクモバイルに移行した。機種は東芝の新型「911T」なのだが、2年以上auの「W21CA」を使っていた私にとっては、新しい機能が多く、未来端末のよう。毎日ちょっとずつ機能を試しているのだが、個人的に財布を膨らますのが嫌いなこともあり、早速モバイルSuicaを試している。今ある物理的なSuicaとは別に、もう一枚携帯の中にSuicaが出現するような想像をしていたのだが、実際には、物理的なSuicaの内容を携帯の中に移動するという形で、非常にスムーズに移行できた。

 モバイルSuicaで通勤しはじめて3〜4日目になるが、密かに気になるのが電池が切れた場合にモバイルSuicaは使えるのか?ということ。特に911Tは電池の持ちが良くないので、なおさら気になる。ネットで検索すると、使えるのか使えないのかはっきりしない。こういうときは試してみるに限る。毎朝、通勤時に試そう試そうと思いつつ、「もしこれで改札通れなかったら、かっこ悪いなあ・・・」という小心者な考えが邪魔をして、なかなか試せなかった。しかし昨晩、帰りが非常に遅くなり、人通りが少なく、かつ電池の残量が残り少ないというチャンスが訪れたので、早速試してみた。

 まずは、電池を浪費。経験上ダウンロードが一番電池を消費するので、意味も無くファイルダウンロードを繰り返し、S!アプリでゲームなどやっていると、まんまと「充電してください」状態になった。

 駅に向かい、電池を抜いた状態で改札を通ろうとしてみる。これは、ダメだった・・・電池パックを左手に持って、ちょっと恥ずかしい感じだったのだが、少ないオーディエンスを気にしながら、「あれ?うっかり電池パックつけわすれちゃったよ」というような平然とした顔で引き返し、電池を装着して、電源を入れない状態で通ろうとしてみる。

 今度は、大丈夫だった。つまり、完全に電池を使い果たした状態だと通れないが、携帯の電源が入っていなければならないという訳では無いらしい。通常携帯の電池が無くなったとはいっても、完全放電された状態になっているわけではないと思うので、普通に電池が切れた状態については心配しなくても良さそうだ。

 一方で後で調べてみるとネットでは「『充電してください』状態で何回か使うと、使えなくなる」という情報も見かけた。次に機会があれば『充電してください』状態で改札を通りまくってみる実験をしてみようと思う。

Comment(4)

コメント

mh

Felica側には本体電源と無関係に常時通電されていて通電されていれば使えるということでしょうかね…。私の携帯はセキュリティでFelicaロックができるんですが(多分他のでもできるんでしょうけどよく知らないのでこう書きます)、ロックした状態で電源をOFFにしたら通れてしまうのだろうか…。こういうのって次々疑問が湧いてきますね。設計に洩れがあって全く想定してないような使われ方でセキュリティが突破されてしまったりしないか…。

小椋

mhさん、ton-booさん、コメントありがとうございます。

Felicaロック、確かに謎ですね...私の携帯にもあるようなので、早速やってみたいと思います。>mhさん

「その後電池の残量が完全になくなると」というのが、改札を通っていると起こりうる事態なのか、それとも携帯を使わないと起こらない事態なのかが気になるので、引き続きリサーチしたいと思います!>ton-booさん

obosan

別機種(P901iTV)ですがFelicaロックして電源OFFだとちゃんと使えない状態でした。逆にタイマーオートロックを設定しておいても電源をOFFにすると働かず、ずっと使える状態なのでオートロックとかも過信は出来ないですね。

torimo

スイカを使う機会も無い田舎モノですが、、Felicaってカードで使われているのでゲート通過時に必要分の電力はそのつど充電されているのかと思っていたのですが違うのですかね? ただ携帯用はその機能を省いただけかもしれませんが気になります。

コメントを投稿する