「脳内ビジネス」の話はまたにします!

努力に勝る才能無し

»

先日、NHKの「プロフェッショナル-仕事の流儀」を見ていたら、私の大好きな「宇宙兄弟」や「働きマン」の編集者の方が出ていて、こんなことを言ってましたね。

「努力に勝る才能無し」

おおー、いい言葉ですね。本当にそう思います。

一方で、一般によく言われている言葉ですが、私があまり好きでない言葉で

「努力し続ければ夢は叶う」

的な言葉もあります。

そういうことを言うおっさん(おばさん)がいたら、彼らの発するすべての言葉を疑ってかかった方がいいと思われるわけです。なんの下心があってそんなウソを言っているのか。

前者の編集者の言葉と後者の言葉の何が違うでしょうか。

それは前者は「努力」することが「必要条件」であると言っているのに対して後者は「十分条件」だと言ってます。

世の中「○○すれば必ず□□になる」というような楽ちんなことは何一つありませんよね。勉強だってスポーツだってそうだったはずです。

ただ、努力を続けないと、すべての可能性は閉ざされているというも間違いないです。

まず「うまくいくかどうか分からないけど、やり続けてみなさい」というアドバイスが「努力に勝る才能無し」です。

「自分には才能がないから」なんていう言い訳にしがみついていないで、とことんやってみたらいいと思います。

他人が「アイツはちょっとおかしい」と思うくらいやると、そこに「プロへの道」が開かれているのです。

(以下告知です)

◆ 新しいシステム開発のカタチ『国内ラボ開発』のプロマネを募集します!

https://www.wantedly.com/projects/47208

◆ エンジニア向け国内ラボ開発のセミナーを実施します!

http://peatix.com/event/223232

Comment(1)

コメント

masuda

共感できます。

「努力した者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!」(はじめの一歩 鴨川会長)

また、「天才は失敗を成功のためのデータとして捉える」という言葉も聞いた事があります。

私の通っていた予備校には「努力は実る!」と横断幕がはってありましたが、当初から(努力を実らせるための努力が必要だけどね)と思っておりました。

コメントを投稿する