ソーシャルメディア × インタラクティブプロモーションの可能性と価値を紐解いていきます

福島県の公式Facebookページ、開設から3週間で1万以上の「いいね!」を獲得

»

120519_3

地方自治体のFacebook活用が少しずつ進んできています。

上記画像は>福島県の公式Facebookページ「ふくしまから はじめよう」ですが、6月18日に開設してすでに1万人以上のファンを獲得。

こちらの「ふくしまから はじめよう」は復興に向けて立ち上がる福島県の現状や魅力を、国内外に発信するために開設されたFacebookページとなっています。

運営チームは県庁職員の有志5名で構成。福島の「食」「観光」などをテーマに投稿がされています。多いときでは1000以上の「いいね!」がついてますね。

比較的早い段階からFacebookでの展開を始めていた佐賀県武雄市役所のFacebookのファン数が1.7万人なのでなかなかのペースです。

↓武雄市役所Facebookページ

120519_2_2

今後、さらにこういったカタチの情報発信は増えていくと思われますが、地方自治体という公共性の高い団体だけによりしっかりとしたガイドラインに基づき公平性を保って運営していくことが求められますね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する