もしも洞察力があったなら……。

第2回 脚が痛いランナーにお勧めできるかもしれないシューズ

»

こんにちは。にわかなんちゃってランナーを名乗り始めて10か月。

MBTを4足履き、そろそろヘタリ始めたところで次をどうしようかとセルフ・シューフィッター放浪をしております。著名な海外メーカーはもちろん素晴らしく良いのですが、個人的には速く走ることに重点が置かれて過ぎているからでしょうか、どうしても私の走り方には今のところしっくりきておりません。

AchillesSorbo2.png

たまたま週末に出会ったのが写真のランニングシューズ。メーカーは小学生の定番「瞬足」で有名なアキレスの比較的新しいブランド、アキレスソルボ。他との差別化となるメディフォームという技術が埋め込まれています。(*正直、ブランド名、素材技術と商品名がちょびっとわかりにくいです。ごめんなさい)どうやら怪我をしやすい初級から中級のランナーのことを考えて開発されたものだとか。ソルボセインという超衝撃吸収材をヒールに埋め込んでいて、初心者が膝やかかと&足底の故障につながりやすいとされるヒールストライクの衝撃を軽減してくれるようです。

AchillesSorbo1.jpg

全国でもまだ2軒しかないメーカー直営のお店で履いた感じで言えば、MBTに比べてフォア(つま先に近いほう)とミッド(土ふまずのあたり)が薄底に感じるため、違和感がそれなりにあります。一方、かかとのフィット感がちょうどよかったので、試しにこのシューズで少し走ってみようかという気になりました。私は足が幅広のため、海外ブランドでちょうどいいものに出会うことはめったにありませんでしたので、日本人向けの幅広モデルをラインナップしてあるのはポイントが高いです。それと、色とデザインがかなり好みでした。「走ルンです!」っていう自己主張の強すぎるものよりは、地味すぎず派手過ぎず、ラン以外の状況でも使えるものが本当は望ましいなと思っておりましたので。

Medifo.jpg

とりあえずお店での購買体験はとても良かったです。実際の使用感がどうかということなどは後日ご報告してまいりたいと思います。

(大人の都合によりレポートをしないかもしれません。その際はご容赦くださいませ。)

Medifo2.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する