いろいろスキルも経験も未熟なほやほやの野良猫みたいな自分が「にゃごにゃごなごー! にゃごぉにゃごぉ!(がんばるぞー!)」という感じで、アイデアを練り練りし、食いぶちを見つけ、最終的に日本から脱出していくドキュメンタリーブログです。

ポムリエでオリジナルスタンプを作ってみた

»
カシオのポムリエを借りてきました。
手軽にオリジナルスタンプが作れるキットです。

まず、「ポムリエ」って名前が超かわいくて個人的にはツボでした。「ポムリエ~」「ぽ・む・り・え」と無駄に言いたくなるし、猫を飼ったらポムリエと名付けてもいいんじゃないかと思うくらいです。ポムリエのサイトもかわいくて、手作りを楽しむクラフト女子向けな雰囲気いっぱいです。クリスマスや正月に向けて、カードや年賀状を作ってみるといいかもです。

今回は「実際にどんなスタンプができるのか」と「使い方」を簡単に紹介&レビューします。

完成したスタンプを押してみるとこんな感じ
pomrie01.jpg
これは僕がTシャツを販売しているねこポッポのロゴです。スタンプならではのやさしく味わいのある仕上がり。しかも花びらの濃淡がちゃんと表現できているのが嬉しい。


pomrie01_1.jpg
自分の名刺の裏はポイントカードになっていて、会うたびにポイントを差し上げて4つ貯まるとオリジナルランチバッグをプレゼントしています。そのポイントスタンプを作って押してみました。木製で軽いのでいつでも持ち歩きできそうです。

pomrie01_2.jpg
顔写真もスタンプにできます。オフィス用のグッズもいろいろ作れそう。


作り方は簡単です。まずデザインを作成するために、付属の専用アプリケーションを使います。枠やイラストなどあらかじめテンプレートが多く用意されていてますが、ここでは自分で用意した画像を使ってみます。

pomrie02.jpg
はしょりすぎですが、サイズや位置を調整し、必要ならいろいろとエフェクトを加え、最後に「製版」をクリック!


pomrie03.jpg
シートホルダー(版)をポムリエ本体に差し込むと、製版してくれます。図がモコモコと浮き上がってるのを見るこの瞬間が気持ちいいです。「ハァハァ早く押してやりたい!」と呼吸が荒くなってます。

pomrie04.jpg
製版済みのシートホルダーを木のスタンプベースに張って、図に付属のインク(右のやつ)を染み込ませてやります。インクはカラー8色あります。

ところで、インクを塗ってる様子を誰かに撮ってほしかったんですが、独りなのでできませんでした。デザインを作ってるときも、製版している時も、インクを塗っている時もずっと感じていましたが、ポムリエはぜったい恋人とか家族とかと一緒にキャッキャしながら作るのが一番楽しいんじゃないかと思います。

女 「今度なに作ろうかー?」
男 「キミの顔をスタンプにしてみようよ!」
女 「えー!はずいよ~、アナタとのツーショットスタンプならオッケーしちゃう!」
男「ツーショットスタンプって新しいかも!」
女「ウフフ」
男「エヘヘ」

ポムリエはこういう会話が生まれる一種のコミュニケーションツールなんだと思う。
アラサーの男が一人で家でもくもくと作っていると、感動を共有したくてもできないまま、目の前にどんどん完成したスタンプが積まれていきます。なので、このブログで思う存分書いてるわけですが・・・。

pomrie05.jpg
インクを染み込ませたら5~10分ほど待ちます。10回ほど試し押しをしたら完成です。封筒に押してみました。もちろんスタンプ台は不要で50回ほどは押印できるらしいです。



完成したスタンプを使うのももちろん楽しいんですが、あーだこーだデザインを考えたり製版したりと、スタンプを作っている過程が楽しいです。クリスマスカードや年賀状作成にいかがでしょうか。ぜひ恋人や家族、友達と一緒に!
Comment(1)

コメント

gotaud

> これは僕がTシャツを販売しているねこポッポのロゴです。
このスタンプは購入可能でしょうか?

コメントを投稿する