夏目房之介の「で?」

「クリミナルマインド」シーズン3#10「ダークヒーロー」

»

http://www.superdramatv.com/.../crimi.../episode/detail3-10.html
BSディーライフ・チャンネルで、このところCSI(犯罪科学捜査)物と「クリミナルマインド」(FBIプロファイル物)シリーズを片っ端から録画して毎日のように観ている。今日観たのは「クリミナルマインド」シーズン3の第10話「ダークヒーロー」(原題 True Night)。冒頭、夜の都市空撮にかぶせて「ハーレム・ノクターン」(な、懐かしい!)が流れ、この番組らしからぬBGMに首をかしげていたら、何と若いコミックアーティストが心を病んで、自分も知らないうちに、まるでダークヒーローみたいにギャングたちを次々刃物で殺していくという、正直、このシリーズにしてはかなりずさんなお話だった。FBIプロファイル班の推理と謎解きが本来は見せどころなのに、それはほぼない。そのかわり、まるでフランク・ミラーばりの黒の強いコミック原画と、映画『シン・シティ』ばりの映像でがんがん進む。趣味に走ったオマージュの回だったのか。まあ、たまに変な回があるのも楽しいけどね。しかし、コミック作家=おたく=病んでる的なステレオタイプなイメージがありそうな感じも、ちょっとするな。よくはわからんが。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する