夏目房之介の「で?」

表参道ビリケンギャラリー「高山和雅個展」

»

7月5日、講義終りから表参道に移動。練習までの間にビリケンギャラリー「高山和雅個展」に寄る。かつてガロの飛びぬけた想像力の短編でほれ込んだ。絵が好きで、とくに女性の造形とか不思議な画力がよい。久しぶりにみた高山画伯の絵は、やっぱりよい。死らなかった本も買ったので、それは読んでからまたご報告。でも、ダークホースから本が出てたり、イタリア、タイなどでも翻訳されてるのを知ってびっくり。エロ物もなかなか素晴らしい。ビリケンギャラリーの方が僕のことをご存じで、海外翻訳物の棚の扉を開けて見せていただいた。写真も撮らせていただき、ご紹介。僕は好きなんだけどなあ。琴線にふれた方はぜひ表参道へ。15日まで! 

http://www.billiken-shokai.co.jp/.../gallery/gallery_index_fl...

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する