夏目房之介の「で?」

竹内オサム『「手塚マンガの映画的手法」と『鋭角』』(同志社大 竹内研究室)

»

 竹内オサム『「手塚マンガの映画的手法」と『鋭角』』(同志社大 竹内研究室)。ご恵送いただきました。ありがとうございます。
 「手塚マンガの映画的手法」は、のちの竹内マンガ表現論の元となる1977年の修士論文。「機関誌『鋭角』と、その時代」は、悪書追放運動に対抗して児童誌編集者が1955年に出した機関誌『鋭角』についての論文。ともに竹内さんの個人誌「ビランジ」に掲載されたもの。他に島田啓三や岡本一平についてのエッセイも収録。

 全国都道府県図書館に送本されたので、数か月で借りられる状態になるそうです。残部僅少だそうですが、希望者は竹内研究室に問い合わせていただき、送料負担で配布してくださるそうです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する