夏目房之介の「で?」

夏目ゼミで弥生美術館と米澤記念館見学

»

今学期は、1月に1日だけポコンとゼミが今日(12日)あったので、希望者で弥生美術館の「滝田ゆう展」と米澤記念館のチェココミック展を見学しました。ありがたいことに、弥生では滝田展担当の学芸員・松本品子さんが解説を、米澤ではヤマダトモコさんが解説をしてくれました。贅沢。参加者も学部生、院生、外部の研究者に、偶然米澤でライアン・ホームバーグ氏があらわれて合流。その後、何人か減って食事に行った時点で13人になりました。ちょっとした新年会規模。いつも一人で入って麺を食べてた揚子江飯店で、いろいろ取り交ぜて食べられて、おいしかったです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する