夏目房之介の「で?」

古い映画のパンフレット

»

すげー量の映画パンフレットを少し整理してみた。映画を観るたびに習慣的に買ってたら、かなりの幅になっているので、処分を検討中。大学に寄贈しようか、古本屋に持ち込もうか迷っているのだが、思い出のあるものは、やはり手放しがたく。「シェラザード」(1963年公開)は僕のではなく姉の物のはずなので、今度機会があるときに返そうと。「ウッドストック」(70年公開)は新聞みたいな感じ。「黄金の七人」(65年公開)は、スパイ映画全盛の頃のイタリア映画で、知的な教授とヒロインのロッサナ・ポデスタ(そういうのだけ憶えてるなあ・笑)の色っぽさがたまらんかったです。なつかしー。「シンドバッド 虎の目大冒険」(77年)は、特撮好きにはたまらないハリーハウゼンのシンドバッド物3作目で、例のコマ撮りが。これ以前にも何作か観てるけど、さすがに子供の頃でパンフまでは買ってなかった。

いいね!他のリアクションを見る
コメントする
コメント
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する