夏目房之介の「で?」

八卦掌報告 喉風邪と練習

»
昨夜は八卦掌の李老師講習会。喉の具合もよくなくて、何となくさえない状態だった。
一方、このところの李老師の練習は、板書したり、解説したりがほとんどなくて、ひたすら掌法を反復練習する。また、季節ごとの練習の課題の変化もはっきりしてきて、今年は春に単勾式、夏に獅子形、秋からは挑打を練習している。挑打は、相手をはねあげつつ打ち、その後の探掌、尖掌を一つの動作として連続して行うのだが、李老師はこんな意味のことをおっしゃった。
「みなさんは、もう多少のブレはあっても、おおむねできている。今後は自分で自分の練習を直して、より高いレベルを目指さないといけない。挑打は、みなさんのレベルでは、ゆっくり確認しながらやる練習ばかりではなく、多少の間違いがあっても、力を出すことに集中してほしい」
正直、休みなく力を出し続けるのはしんどいので、他人の練習をみたり、ゆっくり確認したり試したりして、それで休みを入れていたりしたのだが、これでひたすら発力する練習をせざるをえなくなった。もちろん、体全体を伸ばして力を通す練習は、ストレス発散にもなるし、気持ちもいいが、負荷も大きいのだ。まあ、一応それができるレベルに体がなってきた、ということなのだが。
でも、言われる通り練習したら、風邪っぽい状態は少し抜けて、だいぶ気分もよくなった。帰宅したら、12時には眠くなり、12時半には寝た。で、昨晩からやたらとおしっこが大量に出る。そんなに水分とったか?と思うほど、出る。就寝中も、じつは二回もおしっこに起き、結局6時に起きてしまった。起きてみたら、かなりスッキリした気分で、風邪のヌケ感がある。治ったかどうかは不確定だが、喉の状態もいい。
八卦掌の練習をしていると、たまにこういうことがある。だから、ちょっときつくても練習に出るのだが、李老師の練習では、とくにそうだ。
李老師の八卦掌では、季節の巡りと人体の状態は対応しているので(もちろん伝統的な陰陽五行思想である)、季節ごと、気候ごとに練習の方向が変わる。正直、どこか半信半疑なところはありつつ、しかし全部否定もできないなあ、と思いつつ、面白いのでそういうことにしておきたい。
というわけで、久しぶりの八卦掌練習報告をして、さて二度寝しようかな。
Comment(1)

コメント

まっていました。八卦掌報告。
だいぶ久しぶりの報告かと思いますが、夏目さんの身体を通しての八卦掌の効用というか、変化が決して頭打ちにはならない武術の本質を具体的な形で示していただけるのは願ってもいないことです。
 
私は現在沈剛先生のもとで呉式太極拳を学んでいます。
かつて走圏に取り組んだ公園が、今は太極拳の練習場所になっています。八卦掌の練習も楽しかったですが、呉式太極拳の練習もかなり楽しいです。

表現はつたないですが、練習の記録と雑感をブログに残しています。言葉にすることで改めて得るものもあろうかと思うのと自分が練習をサボらないためにはだれかに見ていてもらうのが一番と考えたからです。

夏目さんの練習の伸展も私にとっては大きな励みになります。 今後とも報告をよろしくお願いします。

コメントを投稿する