夏目房之介の「で?」

夏目ゼミ2017青虫合宿3 「漫画少年」

»

次に「漫画少年」(見たのは1953年5月号、55年2、4,5月号)。53年5月号はまだ勢いを感じられ、手塚『ジャングル大帝』連載のあとに山川惣治『ノックアウトQ』の広告があったり、『ジャングル大帝』と『漫画大学』、うしおそうじ、山川の連載など、売れてる雑誌感がある。中にアメコミの特約もの『ストレート・アロー』などという西部劇もあったり。これが55年になると、資金繰りの苦しさからか、作家が寺田ヒロオやトキワ荘の「新漫画党」など新人が活躍はするものの、誌面的に見劣りがするのも事実。ただ石森『二級天使』の天才ぶりは際立っている。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する