夏目房之介の「で?」

夏目ゼミ2017青虫合宿2 ぐらこん関西支部「ぐるーぷ」1,2

»

まず見つけたのは「ぐらこん関西支部」が曙出版で68年9月に出した「ぐるーぷ1」、東考社の「ぐるーぷ2」(発行期日不明)。聖悠紀、みなもと太郎、2号では六田登が作品を寄せ、1号にはCOM編集長・山崎邦保「「ぐるーぷ」刊行に寄せる」という文章があります。そのほか、関西支部参加グループ紹介、人名簿、ばばよしあき氏、中島隆氏の文章も載ってます。聖、みなもと両氏のうまさも際立ってますが、六田氏もすでにそれらしい画面を作っていて、この当時にあって作画グループのレベルの高さを感じます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する