夏目房之介の「で?」

「キッチュ」創刊号 ワイズ出版

»

「キッチュ」創刊号 ワイズ出版(じつは昨年末刊行ですが、最近買いました)

http://studiokitsch.info/sales.html

検索したら、すでに6号まで出てました。てへ。


「新生総合マンガ誌」と名打つ雑誌。漫画は榎屋克優、さそうあきら、スケラッコ、田中圭一、ひさうちみちお、平口広美など。
「『ガロ』の時代」「『ガロ』のまんが道」 元副編集長・白取千夏雄編 これはマンガ研究者必読。今まであまり聞かれなかったポジションからの生々しい証言。大変興味深い。
リンパ性白血病で長くないという覚悟の言葉。事実はつねに複数あるが、この証言は迫力がある。しかも次回は手塚能理子編だそうです。
「台湾近代漫画の真相 傑利小子(キッド・ジェリー)と近代台湾マンガの歩み」 1965年生まれの台湾漫画家インタビューを通じて台湾漫画史が描かれる貴重な資料です。
加部勇一郎「中国の「連環画」 大きな中国、小さな絵本――連環画の魅力について」 なるほど、卑小さをあらわす「小」、「大人」に対比される「小人」の語を使って、連環画は「小人書」とも呼ばれるのだそうで、そこに価値を見出すところから始まるエッセイ。

「キッチュ」創刊号.JPG

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する