夏目房之介の「で?」

2017年3月のバリ④

»

このミュージアムは、お金持ちのコレクターが収集品を無料で公開してくれてるのだが、偉いのは、あきらかに現代のエンターテインメントの影響のあるものを積極的に集めてるらしいところ。欧米の軍人とか、ちょっとアニメーション的な造形なんかも含まれていて、興味深い。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する