夏目房之介の「で?」

シリーズ昔のバリ③83年8月のクタなど

»

シリーズ昔のバリ③83年8月 初めてバリを訪れた83年8月のクタです。今の新宿みたいなクタを知ってる人には信じられないでしょうが、最初の写真はクタのメインストリート。すぐ後ろはすべて水田で、水牛が耕してました。二つ目は、そのクタを歩いていて、偶然出会った地元のお祭。観光用でない、マジにトランスに入る村人を、ここに写っている聖獣バロンが一噛みするといきなり解けるのを目撃した。衝撃的でラッキーな旅でした。最後のは、雨の中のアグン山の山門と、おそらくはウブドの王宮でのレゴンダンス。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する