夏目房之介の「で?」

六本木でジャズとボサノバを

»
義兄の属する同級生バンドのジャズ&ボサノバ・ライブを観に六本木サテンドールに行ってきました。会費3500円(僕は義兄のご招待だったが)でランチ付き、飲み放題。ぎゅうぎゅうに詰め込まれて満杯。「Take the A train」に始まり、二部構成で、無理やりなアンコール含めて15曲。ちょうど飽きそうなところでお開きという、なかなかがんばった演奏でした。途中でかなりチャレンジした感じの「DesertMoonlight」(月の砂漠のジャズ・バージョン)があったり、微妙な不協和音が現代音楽っぽかったり、それなりに楽しめた感じ。本人たちが一番楽しそうだったけどね。ま、おじさんバンドのほとんどは、そういうもんです。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する